収益物件の融資審査で金融機関を納得させる、プロによる客観的な維持管理計画を個人オーナーに提供! 投資家に朗報!長期修繕計画付き インスペクション(住宅診断)

DreamNews / 2019年9月13日 11時0分

写真

業界初の個人向け総合不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)を行う不動産の達人“株式会社さくら事務所”(東京都渋谷区/代表:大西倫加)は、アパートやマンションを一棟所有し経営する(またはこれからしようと考えている)個人オーナー向けに、ホームインスペクター(住宅診断士)が投資物件の劣化状況などを確認し、物件の状況にあった長期修繕計画を作成する新サービス『長期修繕計画付き インスペクション』を9月13日よりスタートします。
これからの収益物件購入では、金融機関の融資の際に、不動産の収益性や事業性をしっかりと証明することが一つの有利な武器となります。そのために必要な建物のコンディションを中立な専門家が調査し、調査結果を元に長期修繕計画を作成するのが本サービスです。くわしい情報や取材をご希望の方はお気軽にお問合せください。

【本サービスのメリット】
・金融機関の融資審査書類に添付できる!       ・建物の状態に基づいた綿密な事業計画が作成できる!
・管理会社が作成した長期修繕計画の妥当性がわかる! ・管理会社の提案以外のよりよい計画案が見える!

【収益物件でも長期修繕計画が必要な理由】
物件の維持修繕に対する考え方(方針)は、物件のオーナーによりさまざまです。特に収益物件は、前オーナーの意向で建物のコンディションが大きく異なるため、それぞれの物件に合わせた長期修繕計画を作成し、事業計画を立てることが大切です。もし、長期修繕計画を立てずに運営していると、本当は想定できた修繕に対応できず、キャッシュフローが回らなくなる可能性があります。現在の物件状況に合わせ、本当に必要な修繕費用を把握し、無駄なく適切に建物を修繕・維持し、収益物件の運営をより有利にしていくことを目指すのが本サービスです。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000201610&id=bodyimage1

長期修繕計画付き インスペクションサービス 概要
http://www.ri-insp.com/service/shuzenkeikaku-inspection/

【対象物件】一棟所有(予定)の集合住宅
▽ベーシックプラン 350,000円~(税抜)…… 安価でスピーディーに長期修繕計画を作成
~こんな方におススメ!~
もともと長期修繕計画がない / 今後の修繕費用の目安が欲しい / オーナーチェンジ・金融機関の融資審査がある
※ 住戸内は修繕計画の対象外となります。

▽アドバンスプラン 450,000円~(税抜)…… スタンダードプランに加え住戸内なども対象。
~こんな方におススメ!~
長期間、修繕計画を見直していない / しっかりした修繕計画を作成したい / 所有物件の長期修繕計画を作成した

▽オプション 長期修繕計画 個別ご説明 50,000円~(税抜) ※出張・交通費が必要な場合がございます
●計画はインスペクション実施後、3週間~1か月でご提出いたします  
●インスペクション費用と合わせたお見積りを作成いたします
●サービス実施のために、各階平面図等が必要となります
================================================
■不動産の達人 株式会社さくら事務所■ (東京都渋谷区/代表取締役社長:大西倫加)    https://sakurajimusyo.com/
株式会社さくら事務所は「人と不動産のより幸せな関係を追求し、豊かで美しい社会を次世代に手渡すこと」を理念として活動する、業界初の個人向け総合不動産コンサルティング企業です。1999年、不動産コンサルタント長嶋修が設立。第三者性を堅持した立場から、利害にとらわれない住宅診断(ホームインスペクション)やマンション管理組合向けコンサルティング、不動産購入に関する様々なアドバイスを行なう「不動産の達人サービス」を提供、約45,806組超の実績を持っています。






配信元企業:株式会社さくら事務所
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング