マルティスープ株式会社の屋内位置情報&位置/設備マッピングソリューションとアプリックスの「MyBeaconシリーズ」などを組み合わせた屋内位置情報ソリューションの導入支援サービスを開始

DreamNews / 2019年9月17日 15時0分

写真

IoT(Internet of Things)製品向けソリューションの開発を手掛ける株式会社アプリックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:根本忍、以下「アプリックス」)は、「位置・空間情報技術」などに関する製品やソリューションなどの開発・販売を手掛けるマルティスープ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:那須俊宗、以下「マルティスープ」)が提供する屋内位置情報&位置/設備マッピングソリューション「iField indoor(アイ・フィールド インドア)」と、アプリックスの「MyBeaconシリーズ」などを組み合わせた屋内位置情報ソリューションの導入支援サービスを、2019年10月1日より開始することについてお知らせいたします。

アプリックスは、IoTソリューション事業をコアビジネスとして、IoTに関する様々な製品・サービスの開発や販売を手掛けております。アプリックスの製品・サービスの一つとして、お手持ちのスマートフォンなどにBluetooth Low Energyを使い位置情報を通知するBecon「MyBeaconシリーズ」がありますが、IoTを活用したビジネスが広がりを見せている昨今では位置情報を利用した作業員の導線管理や工場の生産工程管理などに対するニーズも高まっており、アプリックスの「MyBeaconシリーズ」の問い合わせ件数が増加しています。このようなニーズの高まりに対して幅広く、柔軟に対応するため、Beaconを利用した屋内位置情報/屋内測位などの分野で多くの導入実績と知見を有するマルティスープとパートナー契約を締結しました。

マルティスープは、2000年に創業し、以来モバイル、位置情報や空間情報に関するソリューションやサービスを提供している会社です。屋内外のフィールド業務を強力に支援する位置情報サービス「iField(アイ・フィールド)」を中心に、空間情報プラットフォームの提供、「Google Maps」をはじめとした各種地図サービスの販売など、位置・空間情報技術サービス、ソリューションをインフラ、製造、建設、物流、医療など幅広いマーケットに提供しています。産業、観光などでの位置情報活用として、GPSだけでなくBeaconやWi-Fiなど様々なセンサーを利用したサービス開発を進めるなど、IoTソリューションの提供やそれらに関する技術開発を行っています。

同社の主力サービスの一つである「iField indoor」は、GPSの届きにくい工場、倉庫、プラント、工事現場、病院といった施設内での人、車両、モノ(製品・道具)、機械などの現場での動きを対象マップ上で“見える”化することにより、 屋内施設の仕事状況を点・線・面・体で把握して、仕事の状況を浮かび上がらせる屋内位置情報ソリューションです。作業状況をリアルタイムに地図上に描画できるだけでなく、期間を指定し、ヒートマップやメッシュマップ、データの自動再生など多彩な表現が可能であり、工場や倉庫、工事現場などに多くの導入実績を有しています。なお、アプリックスの「MyBeaconシリーズ」も「iField indoor」の一部にご採用いただいております。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000201772&id=bodyimage1

アプリックスでは、位置情報などを用いて行動計測や作業分析、業務効率化を行いたいといったニーズを有する顧客に対して、従来の「MyBeaconシリーズ」など自社の製品・サービスの提供やシステム開発のほか、「iField indoor」の提供を行ってまいります。また、マルティスープとの協業を通じて、顧客に提供できるサービスの幅を広げるだけでなく、互いの顧客のニーズに応じた製品・サービスの改良などを実施し、顧客の業務改善や利便性の向上に貢献してまいります。
以上

<お知らせ>
2019年9月18日(水)に開催予定のマルティスープ主催セミナー「iField ソリューションセミナー2019」に出展します。「Mybeaconシリーズ」と位置/姿勢情報取得システム「gromaTM AprilTagソリューション」を展示予定です。
セミナーの内容についてはこちら( https://www.multisoup.co.jp/eventseminar/seminar20190918/)をご参照ください。

■マルティスープ株式会社について
2000年の創業以来、モバイル、位置情報や空間情報に関するソリューションやサービスを提供している企業です。
地図・地理空間情報プラットフォームの提供、「Google Maps」をはじめとした各種地図サービスの販売・開発を行うとともに、正確な位置情報の取得を目的としてGPSだけでなくBeaconやWi-Fiなど様々なセンサーを利用した測位実験・開発を進めるなど、IoTを活用したソリューション・サービスの提供やそれらに関する技術開発を行っています。
「創る喜び、使う喜び」を企業理念に、お客様の利益に直結する情報システムを提供するため、モバイル、位置情報、空間情報のプロとして挑戦を続けています。

■株式会社アプリックスについて
アプリックスの使命は「ソフトウェアの力で世の中のあらゆる人々に幸せをもたらすこと」です。携帯電話でのJava利用という新しいフロンティアを切り開いた「JBlend」に続き、開拓中の分野が、IoT(Internet of Things)です。当社ではIoTモジュール(ビーコン)、スマホアプリ、クラウドサービス等のIoTソリューションを一貫して提供することで、家電製品等のIoT化を推し進め、「モノからの通知によって人々の生活を豊かにする」というコンセプトの実現を目指しております。
アプリックスのwebsite(投資家情報等): https://www.aplix.co.jp/
アプリックスのテクノロジー事業: https://business.aplix.co.jp/
Facebook公式ページ: https://www.facebook.com/AplixCorporation.official/

■お問い合わせ先:
アプリックスのお問い合わせページ: https://www.aplix.co.jp/inquiry/

※ 記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。



配信元企業:株式会社アプリックス
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング