ヤッホーブルーイングが Acronis Backup Cloud を導入し、 基幹系システムをフルバックアップ

DreamNews / 2019年9月26日 11時0分

サイバープロテクションとハイブリッドクラウドソリューションのグローバルリーダーであるアクロニス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:嘉規邦伸、以下:アクロニス)は、アクロニスのクラウドプロバイダーである使えるねっと株式会社(本社:長野県長野市、代表取締役:ジェイソン フリッシュ、以下:使えるねっと)を通じて、クラフトビールメーカーの株式会社ヤッホーブルーイング(本社:長野県北佐久郡軽井沢町、代表取締役:井手直行、以下:ヤッホーブルーイング)に Acronis Backup Cloud が導入されたことを、本日、発表します。

ヤッホーブルーイングは 1997 年に創業された長野県軽井沢町に本社、佐久市に醸造所を置くクラフトビールメーカーです。クラフトビールとは、 1994 年の酒税法改正以降に設立された小規模な醸造所が作るビールのことで、これまでにない多様性と個性的な味わい、ブランドを備えています。ヤッホーブルーイングは全国に 400 社近くあるクラフトビールメーカーの中で高いシェアを占め、「ビールに味を!人生に幸せを!」をミッションに、新たなビール文化を創出することにより、ビールファンに幸せを届けようと事業を展開しています。「よなよなエール」や「水曜日のネコ」などのクラフトビールは、公式通販サイト「よなよなの里」や全国のコンビニ・スーパーで販売している他、都内 8 店舗の公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」で提供しています。

ヤッホーブルーイングでは受注・出荷・在庫管理と酒税の帳票作成を行う基幹系システムとして、サーバー1 台、クライアント PC25 台ほどからなるクライアントサーバーシステムを 2014 年から運用しています。ところが、2 年ほど前、BCP 対策の観点からデータセンターにサーバーを移設し、ネットワーク越しに NAS へバックアップを取るようになって以降、バックアップの失敗が頻発するようになったのです。バックアップがきちんと取れているのか確信が持てず、仮にバックアップが取れていても、万が一の時にシステムを復元できるのか分からないという不安や、担当者一人しかバックアップの仕組みを知らないという問題がありました。ヤッホーブルーイングではそこで、分かりやすく、簡易な形でシステムが復元できるようにすると共に、BCP 対策も意識しつつ、クラウドにバックアップを取ることができるようにしたいと考えるようになりました。

バックアップソリューションの導入にあたりヤッホーブルーイングが重視したのは、復元できるかどうかを定期的に試すことが可能なソリューションであること、バックアップ容量を柔軟かつ容易に変更、拡大できること、コストとバックアップ機能とのバランスでした。

複数製品を比較検討し、トライアルで使用した結果、使用が簡単でコスト面でもリーズナブルであることから、 Acronis Backup Cloud を導入することに決定しました。 Acronis Backup Cloud であればバックアップ製品に関する知識がなくても、マニュアルさえ用意しておけば、容易に復元できると考えたのです。システム管制塔(情報システムユニット) ユニットディレクター 木村壮氏は次のように述べています。「いろいろ試しましたが、 Acronis の画面は非常に分かりやすく、これであればシステムユニットの社員は誰でも簡単に操作でき、システムを復元できると思いました」

加えて、ランサムウェア対策機能があることも大きなポイントでした。基幹系システムはクライアントサーバーシステムなので、クライアント端末にはインターネットと接続する機能が残っています。万が一、クライアント端末が感染すると、基幹系システムにも波及する危険性があります。Acronis Backup Cloud なら、ランサムウェアを検知・遮断してファイルを即時復旧、さらには必要であれば攻撃を受ける前の時点のイメージバックアップを復元することで、ランサムウェアの影響がない状態に復旧できる点も評価されました。

ヤッホーブルーイングでは、2019 年 1 月から Acronis Backup Cloud の正式な利用を開始しました。最初のフルバックアップは、12 時間の想定に対し、2 時間ほどで完了して、非常にスムーズでした。その後、毎日、増分バックアップを取っているものの、数分もかからないうちに終わります。また、毎日のバックアップ完了をメーリングリストに通知するよう設定しているので、情報システムユニットメンバーのバックアップに関する意識が大きく高まりました。さらに、レポーティング機能が充実しているため、レポート作成もたやすくできるようになりました。

ヤッホーブルーイングでは、春から秋にかけてビール出荷が集中するため、事業の繁忙期になります。システム改修などを行うことができないこの期間に、システムの復元を試して、バックアップが正常に取れているかどうかを確認する予定です。また、Acronis Backup Cloud の G Suiteバックアップ機能の利用も検討していく考えです。その上で、将来的には基幹系システムのクラウド化を構想しており、ディザスタリカバリを含めた包括的なデータ保護への取り組みを進めて
いきます。

アクロニスについて
アクロニスは、革新的なバックアップ、ランサムウェア対策、ディザスタリカバリ、ストレージ、企業向けファイル同期・共有ソリューションによって、サイバープロテクションとハイブリッドクラウドストレージの標準を確立します。AI ベースの Active Protection テクノロジー、ブロックチェーンベースのデータ証明、独自のハイブリッドクラウドアーキテクチャにより強化されたアクロニスの製品は、物理、仮想、クラウド、モバイルのワークロードおよびアプリケーションを含む、あらゆる環境のあらゆるデータを保護します。
アクロニスは 2003 年にシンガポールで設立され、現在世界中で 500 万人以上の個人ユーザーと、世界のトップ企業 100 社のうち 79 社を含む 50 万社以上の企業に信頼されています。

使えるネットについて
使えるねっとは、幅広いジャンルの企業向けクラウドサービスを提供する「クラウドソリューションの総合商社」。事業開始以来 20 年に渡り、使いやすく高品質なクラウド製品を OEM(ホワイトラベル)/リセラー向けにリーズナブルな価格で提供しています。
100 社以上のパートナー企業とのネットワークに加えて、長野市で自社運営を行うデータセンターと、長年の運用実績によって培ってきた独自のノウハウを活かし、レンタルサーバー、VPS、専用サーバー、クラウドバックアップなど幅広いニーズに対応可能な商品およびサービスの提供を行っています。

URL: http://www.tsukaeru.net/

ヤッホーブルーイングについて
「ビールに味を!人生に幸せを!」というミッションのもと、日本のビール文化にバラエティを
提供し、お客様にささやかな幸せをお届けするという想いで、品質にこだわった個性的で味わい
豊かなクラフトビールを製造しています。

URL: https://yohobrewing.com/

Acronis(R)は米国、およびその他の国における Acronis International GmbH の登録商標です。
ここに記載されるその他すべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、
その所有権は各社にあります。



配信元企業:アクロニス・ジャパン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング