女性のおひとり様でも 気兼ねなく立ち寄れる完全キャッシュレス・バー オープンから6カ月間で MURABITO(村人)登録が2,000名を突破 北新地「MURAバー」 職場でも家庭でもないサードプレイス

DreamNews / 2019年9月30日 13時0分

写真

自分のスマホからオーダーや決済ができる最先端のデジタルを駆使したバー『MURAバー』( https://mura-bar.com/) を運営するハルト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:薄井 英司)は、専用WEBアプリの登録者「MURABITO(村人)」が、2019年3月の開店以来2,000名を超えたことを、9月30日に発表いたします。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000202534&id=bodyimage1

◆くつろぎの3rdプレイスを目指し 誰にでも居心地の良い店づくりを
「MURAバー」とは、店内オペレーションを全てお客様のスマートフォンで行う、完全キャッシュレスのデジタル・バーです。お客様は入店時にオリジナルの店内用WEBアプリに簡単な登録をし、「MURABITO」となります。
広々とした店内は4つのエリアで内装のテーマを変えてあり、MURABITOは自身の居心地よい空間を選ぶことができます。

アプリを使う際には登録したニックネームを使用します。つまりMURAにおいては、何々社の誰々さん、といった肩書ではなく、ただの「MURABITO」となるわけです。何者でもない自分が、仕事と家庭の間でホッとできる場所、それが「MURAバー」のコンセプトです。

肩書や役割、年齢、性別に関係なく気軽に立ち寄れる店をつくろうと思い至ったのは、当社代表の思いがあります。とある日に、帰宅して「お父さん」になる前に一息入れようとバーに立ち寄ったところ、居合わせた若者と意気投合し、様々な話題で盛り上がり、楽しい時間を過ごしました。そこで名刺交換しようということになり「代表」と肩書きのはいった名刺を差し出したところ、若者の態度がぎこちなくなり、口調も敬語に変わりました。代表はそこで、本当の「居心地良さ」とは何かを改めて考え直したといいます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000202534&id=bodyimage2

一方で、ご近所付き合いなどのオフラインのコミュニティが希薄になるなか、オンラインでのコミュニティを求める人々は近年増加傾向にあります。当社はその点にも着目し、匿名で誰とでも気兼ねなく繋がれる場所としての「MURAバー」の開店に至りました。
1人の「村人」として、MURABITO同士の自然なコミュニケーションの場を提供し、ゆったりした時間を過ごしていただけるよう努めています。

◆店内専用のWEBアプリで全て完結 コミュニケーションツールとしても
当店のWEBアプリでは、飲食のオーダーから支払いまで、提示されたQRコードに自身のスマートフォンをかざすだけで全てのオペレーションが完了します。静かにお酒を楽しみたい人はスタッフとやりとりなく過ごせ、知らない人といきなり会話するにはハードルが高いというお客様は、アプリ内のチャット機能/フレンド機能を利用することができます。アプリベースのコミュニティは煩わしさがなく、どなたにも入りやすい点が特徴です。
シンプルで使いやすいアプリで、グループでの女子会や飲み会から息抜きのひとり飲みまで、それぞれが思いのままに時を過ごすことが可能です。

この度、このMURABITO数が、2,000名を超えました。
「MURAバー」では今後とも、お客様ファーストに、誰にでも過ごしやすいくつろぎの空間を目指してまいります。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000202534&id=bodyimage4

【MURAバーとは】
2019年3月に大阪・北新地にオープンしたスタンド・バー。「MURA(村)」のコンセプトのもと、落ち着きのある空間と約200種を超えるドリンク/フードメニューをご用意しています。最大の特長は“完全キャッシュレス”とスマートフォンを利用した“デジタルオペレーション”です。
MURA人(むらびと/当店のお客様の総称)は入店時~滞在中、オリジナルのWEBアプリを使用します。オーダーから 会計まで手元のスマートフォンでワンストップ。決済はクレジットカードや各種電子マネー、交通系ICカード、ID、QUICPay等でスムーズに行えます。
MURA人はそれぞれがMURA内でのニックネームを持ち、お互いにMURA用ギフトチケットを贈り合うなど、アプリを通してコミュニケーションを図ることもできます。
気軽に一人でも立ち寄って頂きたいという想いから、サービス料・チャージ料は0円。メニューは216円からとバーの業態ではお手頃な価格。
令和の時代に、“村”のコンセプトと最先端のオペレーションが融合した、新感覚のバーです。

【店舗概要】
名称: MURA Bar 北新地店
所在地: 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-5-23
キッショウビル2F
電話: 06-6467-8687
ホームページ: https://mura-bar.com/
オープン日: 2019年3月
営業時間: 月~木曜・土曜:18:00~23:30
※ラストオーダー23:00
金曜・土曜:18:00~0:00
※ラストオーダー23:30
定休日: 日曜・祝祭日

【会社概要】
社名: ハルト株式会社
代表取締役: 薄井 英司
本社所在地: 大阪府大阪市中央区瓦町4丁目7-4 南星瓦町ビル7階
電話: 06-6201-0088
ホームページ: http://hart-j.com/
設立: 2012年2月14日
資本金: 1億円
従業員数: 20人
事業内容: ・空間プロデュース・飲食店事業・国内向けEコマース事業・ポイントカタログ通販事業
・海外向けEコマース事業(化粧品)・グラフィック、Web、広告等に関するデザイン業務全般
・映像制作・音声等コンテンツ制作などクリエイティブワーク全般・企業向け教育システム構築
・コンサルティング・商品開発・企画製造・販売促進企画

<報道関係者 お問い合わせ先>
ハルト 広報事務局
TEL:03-5411-0066  FAX:03-3401-7788
E-mail:pr@netamoto.co.jp
担当:岩尾(080-5983-2471)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000202534&id=bodyimage5



配信元企業:ハルト株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング