9/30「RISC-V Day Tokyo 2019」は有償参加者360名で満員。会場販売新刊本「RISC-Vヘネパタ6版」70冊が即日完売! 2020年の会議では参加者倍増(700名規模)を宣言!

DreamNews / 2019年10月2日 16時0分

写真

9/30に、RISC-V協会が開催した「RISC-V Day Tokyo 2019」は、国分寺日立中央研究所の馬場記念ホールで、株式会社日立製作所、トヨタ自動車株式会社をはじめとする15社*の後援を受けて終わりました。参加者は360名に達し、日本でのRISC-Vカンファレンスで2017年以来最大級の催しとなりました。

当日発表資料を閲覧できます: http://riscv-association.jp/riscv-day-tokyo-2019/

RISC-V Foundation、トヨタ自動車殿、日立製作所殿を筆頭に15社*が後援、11社がデモを実施しました。夕方のレセプションで、RISC-V Foundation CEOのCalista Redmond CEOと、日本Linux Foundationの福安 Country Managerからも夕方スピーチがあり、2020年のRISC-Vイベントでは、RISC-V Foundation CEOのCalista Redmond CEOは、2020年には、日本で年1回行われるこの会議の参加者を倍増するよう努力するという宣言がなされました。

当日は、この会議に間に合わすように70部刷られたスタンフォード大学、カリフォルニア大学バークレー校の名著「ヘネシーアンドパターソン:コンピュータアーキテクチャ定量的アプローチRISC-V版」が完売しました。ヘネシーとパターソンは、この著作も含めた業績で先般チューリング賞を受賞しました。日本では「ヘネパタ」と言われ、1990年代に32-bitマイコンを各社が開発するのに、この本を参考書にしました。この本の内容は、より先進的なヘテロシステムを紹介するものになり、6版では全ての例がRISC-Vで書き換えられました。

「ヘネパタ」販売サイト: https://www.amazon.co.jp/コンピュータアーキテクチャ-第6版-定量的アプローチ-ジョン-ヘネシー/dp/4434264001

*) AdaCore(フランス)、Andes Technology(台湾)、Codasip(チェコ共和国)、富士ソフト、日立製作所、IAR Systems(スウェーデン)、Kyoto Microcomputer、NSI-TEXE、Rambus(米国)、トヨタ自動車株式会社、SiFive、Syntacore(ロシア) 、ユビキタスAI Corporation、ultraSoC(UK)、SHCがこのイベントを後援しました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000202763&id=bodyimage1



配信元企業:SHコンサルティング株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング