インドでソルベイのベラデル(r) PESUの新規生産ラインが操業開始

DreamNews / 2019年10月17日 14時0分

2019年10月17日、アルファレッタ(米国ジョージア州)--- ソルベイはインドのパノリ工場でベラデル(r)ポリエーテルサルホン(PESU)の新たな生産ラインの操業を開始したことを本日発表しました。主としてヘルスケアや水処理産業からの、この高機能熱可塑性材料の莫大な需要に対応するために、ソルベイは現在、生産能力の向上に乗り出しています。

この生産能力の向上は、サルホンポリマーの生産能力を向こう5年間で35パーセント引き上げるという、ソルベイが2017年に発表した計画の一環です。この計画には、米国オハイオ州のマリエッタおよびジョージア州オーガスタにあるソルベイのポリマーおよびモノマーの生産拠点への設備投資やプロセス最適化も含まれています。

「ソルベイのサルホンポリマーの事業が年々拡大を続けていることは、世界各地のお客様からソルベイによるサービスと供給安定性という点で、長期的な信頼を得るということであり、今後も水処理産業やヘルスケアのような急成長市場における弊社の主導的地位はますます高まるはずです。この新たな生産ラインによって、さまざまなサルホンポリマー製品をアジア、欧州、米国に供給する能力が強化されます」と、ソルベイのスペシャルティポリマーズ・グローバルビジネス・ユニットの最高責任者、Mike Finelli氏は述べています。

ソルベイのパノリ工場では、キータスパイア(r) ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)およびアバスパイア(r) ポリアリールエーテルケトン(PAEK)のベースレジンも製造しています。ベラデル(r) ポリエーテルサルホン(PESU)、レーデル(r) ポリフェニルサルホン(PPSU)、ユーデル(r) ポリサルホン(PSU)といったソルベイのサルホン系ポリマー製品は、ヘルスケア、航空宇宙、自動車、水処理、エレクトロニクス、消費財、建設など、要求の厳しい多様な業界で利用されています。

(r): アバスパイア、キータスパイア、レーデル、ユーデル、ベラデルはソルベイ社の登録商標です。



ソルベイについて
ソルベイは先端材料および特殊化学会社で化学品の発展にコミットしており、重要な社会的挑戦に取り組んでいます。ソルベイは、多様なエンド・マーケットにおいて世界中のお客様とパートナーシップを組んでいます。製品は、航空、自動車、バッテリー、スマートデバイス、医療機器、採鉱や石油・ガス採取、効率や持続性の向上に使用されています。軽量化材料はクリーナーモビリティを促進し、フォーミュレーションズは資源活用を最適化し、パフォーマンスケミカルズは大気や水質を改善します。当グループはブリュッセルに本社を置き、61か国に約24,500名の従業員を擁しています。2018年の純売上高は103億ユーロを計上し、純売上高の90%以上を占める事業において、当社は世界のトップクラス3社のひとつに数えられており、EBITDAマージンは22%となります。Solvay SA(SOLB.BE)はブリュッセルとパリにおいてEuronextに上場し(Bloomberg: SOLB.BB - Reuters: SOLB.BR)、また米国(SOLVY)においては、level-1 ADRプログラムで取引されています。財務統計には売却を発表したポリアミド部門が含まれています。

ソルベイスペシャルティポリマーズについて
ソルベイスペシャルティポリマーズは、35の高機能ポリマー商品ブランドのもと、1,500以上の製品 - フッ素樹脂、フッ素エラストマー、フッ素系流体、半芳香族ポリアミド、サルホン系樹脂、超高機能性芳香族樹脂、高バリア性樹脂を、航空宇宙産業、代替エネルギー、自動車、ヘルスケア、メンブレン、石油・ガス、パッケージング、配管、半導体、ワイヤー/ケーブル、その他のマーケットに供給しています。詳細は http://www.solvay.comを参照ください。

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR ソルベイ担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp



配信元企業:Solvay SA
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング