冬のうまみをぎゅぎゅっと凝縮!『冬の三寒王』 寒ぶり、蒸しがき、あん肝 旬なネタをリーズナブルに 3貫セットで450円 11月14日から提供

DreamNews / 2019年11月13日 14時0分

写真

株式会社にっぱん(本社:東京都千代田区、代表:近藤洋一)が運営する「立喰い寿司 魚がし日本一」では、旬の素材を使用した寿司を3貫セットにした『冬の三寒王』を450円(税別)で、2019年11月14日より提供します。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205233&id=bodyimage1

「冬の三寒王」は、冬に旬を迎える寒ぶり、蒸しがき、あん肝を3貫セットにして提供します。いずれも冬を楽しんでいただけるネタで、旬の味を少しずつ味わいたい方にもお薦めのメニューです。

■冬にピッタリの旬な食材を
11月から2月の厳寒期に漁獲されるぶりを「寒ぶり」と呼び人気の高いネタです。成長につれて名前が変わるため、縁起の良い出世魚といわれています。寒ぶりは身が引き締まって脂ものり、栄養価も高く極上の逸品です。
牡蠣は”海のミルク”と呼ばれるように、低脂肪高たんぱくで栄養バランスが良いのが特徴です。蒸しがきはクセがなく素材本来の味を楽しめます。身が柔らかく、プリッとした食感でポン酢ジュレと薬味をのせて提供いたします。
海のフォアグラとも呼ばれるあん肝は、口の中にいれた瞬間に濃厚な旨みが広がります。一度食べたらやみつきになるお客様が多く、お酒にも合う軍艦です。
さらに同期間中、『冬の三寒王』以外にも冬を感じるメニューとして、「炙り銀だら柚子味噌のせ」や「なまこポン酢」も用意しています。

■立ち食いスタイルで手軽に冬を楽しむ
「立喰い寿司 魚がし日本一」は、新鮮な市場のネタを使った握りたての江戸前寿司を、いつでも好きなだけ楽しめる200年前の寿司屋台を再現した立ち食いスタイルの寿司屋です。現在、店舗は都内を中心に神奈川、大阪に26店あります。立ち食いスタイルは多忙なビジネスマンも利用しやすく、短時間で気軽に食事を楽しんでもらう中で、今回提供する『冬の三寒王』のように旬も感じていただけます。

株式会社にっぱんは、今後も魚と米を通じて日本の食文化を見つめ、本物の美味しさを提供してまいります。

【期間限定メニュー概要】
 名称:冬の三寒王
 内容:寒ぶり、蒸しがき、あん肝 各1貫ずつ
 価格:450円(税別)
 販売期間:2019年11月14日から(※提供期間の終了日は現段階で決まっておりません)
 販売店舗:立ち食い26店舗


<報道関係者からのお問い合わせ先>
にっぱん広報事務局
担当:若杉
携帯:070-2194-4320
TEL:03-5411-0066
FAX:03-3401-7788
E-mail:pr@netamoto.co.jp

株式会社にっぱん
広報部 井上/中野
携帯:080-3432-7616
TEL:03-6259-1944
FAX:03-6259-1947
E-mail:k.inoue@susinippan.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000205233&id=bodyimage2



配信元企業:株式会社にっぱん
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング