ベリタス、AWS Outpostsのテストおよび検証を完了

DreamNews / 2019年12月6日 12時30分

写真

オンプレミスとクラウドの両環境をサポートする場合の課題解決をベリタスが支援

エンタープライズデータ保護市場の世界的リーダーであるVeritas Technologies(以下 ベリタス)は、本日、AWS Outposts に対応可能になったことを発表しました。AWS Outposts は、完全に管理され、構成可能なコンピュートおよびストレージラックです。Amazon Web Services (以下 AWS) 向けに設計されたハードウェアで構築されており、お客様はコンピュートとストレージをオンプレミスで稼働しながら、クラウド内の AWS の広範なサービスにシームレスに接続できます。ベリタスは、AWS Outpostsのテストを実行し、AWSで稼働する複雑なワークロードの再設計を通じて、お客様に大きなプラスの成果を生み出すことを実現します。

AWS とベリタスのお客様は、数年にわたってオンプレミスに残す必要があるワークロードを抱えている可能性があります。遅延の影響を受けるためオンプレミスのアセットの近くに配置する必要があるアプリケーションなどがこれに該当します。こうしたお客様は、AWS のコンピュートとストレージをオンプレミスで稼働しながら、これらのワークロードを AWS 内のその他のアプリケーションと容易に、かつシームレスに統合したいと考えています。

これまで、オンプレミスとクラウドで同じツール、ハードウェア、機能を使用しても、本当の意味で一貫性のあるハイブリッドエクスペリエンスを実現することはできませんでした。AWS Outposts は、この課題を AWS コンピュートおよびストレージを搭載したラック (AWS パブリックリージョンデータセンターで使用されているのと同じハードウェア) を提供することで解決し、AWS のサービス、インフラ、およびオンプレミスの運用モデルを統合します。AWS Outpostsによって、ベリタスは、AWS のお客様がオンプレミスとクラウドの両環境におけるインフラ管理およびサポートの課題を解決し、大きなプラスの成果を生み出せるよう支援します。

ベリタスのエンタープライズデータ保護およびコンプライアンス担当エグゼクティブバイスプレジデントである Deepak Mohan は次のように語ります。「本日の発表は、ベリタスと AWS の関係が今後も拡大していくことの証です。『Veritas NetBackupTM』 での AWS Outposts のサポートにより、実績のあるソリューションをお客様に提供するとともに、クラウドとオンプレミスの両環境でデータの可用性と保護を確保します。NetBackupなら、お客様は稼働している場所に関係なくエンタープライズワークロードを保護できます」

ベリタスは、AWS Outposts チームと緊密に連携して、自社のソリューションの AWS Outposts でのテストと検証に成功した最初の AWS パートナーネットワーク (APN) メンバーとなりました。これには、NetBackup Amazon マシンイメージ (AMI) の AWS Outposts への配備、AWS Outposts と Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) 間でのミッションクリティカルなアプリケーションにおけるワークロードのバックアップとリカバリが含まれています。AWS Outposts での Veritas NetBackup の検証により、定評のあるベリタスのエンタープライズクラスのデータ保護が、新たに拡張されたオンプレミス環境へと提供されます。

本発表の詳細は、こちらのブログ < https://vox.veritas.com/t5/Veritas-Perspectives/Bringing-Industry-Leading-Data-Protection-to-AWS-Outposts/ba-p/873845>(英語)をご覧ください。

■ ベリタステクノロジーズ について
https://www.veritas.com/ja/jp/
Veritas Technologies はデータの可用性および保護のグローバルリーダーです。複雑化したIT環境においてデータ管理の簡素化を実現するために、世界の先進企業50,000社以上、Fortune 100企業の 99パーセントが、ベリタスのソリューションを導入しています。ベリタスのエンタープライズ・データサービス・プラットフォームは、お客様のデータ活用を推進するため、データ保護とデータリカバリのオーケストレーションを実現して、ビジネスに不可欠なアプリケーションの可用性を常に確保し、複雑化するデータ規制対応に必要なインサイトを提供します。ベリタスのソリューションは信頼性とスケーラビリティに優れ、500以上のデータソースと60のクラウドを含む150以上のストレージ環境に対応しています。ベリタステクノロジーズ合同会社は、Veritas Technologiesの日本法人です

将来に関する記述: 製品の今後の予定についての将来に関する記述は予備的なものであり、未来のリリース予定日はすべて暫定的で、変更の可能性があります。今後の製品のリリースや予定されている機能修正についてはベリタスが継続的な評価を行なっており、実装されるかどうかは確定していません。ベリタスが確言したと考えるべきではなく、購入決定の理由とすべきではありません。

Veritas、Veritas ロゴは、Veritas Technologies LLC または関連会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。その他の会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206667&id=bodyimage1



配信元企業:ベリタステクノロジーズ合同会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング