富山県射水YEGと意見交換 ~青年部活動の意義を再確認~

DreamNews / 2019年12月26日 9時0分

写真

日本商工会議所青年部(以下日本YEG/田中暢之会長・各務原商工会議所青年部所属)は、各地の商工会議所青年部(以下YEG)が抱える悩みや、各地のさまざまな取組や事例等に関する意見交換会として、全国各地のYEGを訪問しています。

2019年12月11日(水)、富山県射水YEG(南貴浩会長)を訪問しました。
射水YEG南会長は、「射水YEGでは、『NO Limit ~挑戦こそが成長~』をスローガンに活動を行っている。本日の日本YEG会長との意見交換会では、現在の活動から新しい挑戦へのヒントを見つけたいと考えている。新しいことに挑戦するにあたり、何のために活動を行うべきかという視点で、商工会議所青年部綱領・指針の勉強会を実施し、YEG活動の意義を再確認した。これからは日本YEGや他単会の事業を参考にしながら、事業を企画・運営していきたい。」と話してくれました。

日本YEG田中会長は、「同じ地域のYEG会員だけでは気づきにくいことも、視野を広げ広域的に交流することで新しい発見につながることがある。例えば、ビジネスエキスポといった会員企業の展示会の実施なども面白いのではないだろうか。日本YEGの事業も活用していただきながら、会員企業のビジネス発展につなげてほしい。」と話しました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000207773&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000207773&id=bodyimage2

【商工会議所青年部(YEG)とは】
商工会議所青年部は、次代の地域経済を担う青年経済人の相互研鑽の場として、また、資質の向上と会員相互の交流を通じて、自企業の発展と豊かな地域経済社会を築くことを目的としています。
「YEG」とは、商工会議所青年部の英語名(Young Entrepreneurs Group=若き企業家集団)の頭文字をとったもので、同時に商工会議所青年部の持つコンセプト(若さ、情熱、広い視野)を持った経営者=Youth,Energy,Generalistを表しています。
2019年5月現在、日本YEGに加入の青年部は418カ所を数え、その会員数は34,000名を超えます。YEGでは、地域の経済的発展の支えとなるべく、全国各地でのコンベンションの開催、地域からの要望や意見を集約し提言を行う活動、経営課題を解決するための事業、講演会・セミナーなどの研修事業、国際的な交流活動などを行っています。



配信元企業:日本商工会議所青年部
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング