ありそうでなかった!東京・下町企業がノウハウ活かし開発 ふわふわ感そのままで立つ・座る・ポーズ自在な ノンワイヤー製のぬいぐるみ 東京ギフトショーにキーホルダータイプ初出展 2月5日~7日

DreamNews / 2020年1月15日 10時0分

写真

企業向けオリジナル販促グッズや記念品等のOEM生産を手がけるユニファースト株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:橋本敦)が開発した、立つ・座るなどポーズをとることができるノンワイヤー製ぬいぐるみ『スタンドレイド』のキーホルダータイプを、2020年2月5日(水)~7日(金)開催の東京ギフトショーに出展します。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208433&id=bodyimage1

『スタンドレイド』:「初音ミク」ぬいぐるみ

【推奨ポイント】
1. 立つ・座るはもちろん、簡単なポーズが可能に SNS撮影を楽しみ、多彩な遊び方ができる
2. 樹脂骨・関節部品を使わず、綿とペレット(樹脂ビーズ)を採用。実用新案登録済み(第3219395号)
3. ぬいぐるみの魅力である、ふわふわ感はキープ

■「飽きられたら、飾られておしまい」から、ぬいぐるみを救いたい 開発者の熱意から誕生
市販のぬいぐるみは、“長座”のポーズが一般的で、大半は同じポーズで店頭に並んでいます。プレゼントされても、しばらくは大切にされるものの、遊び飽きるのが早く、放置されているケースも多いと思われます。
企業のノベルティやオリジナルグッズを手掛ける当社のサンプルの山を見た、ぬいぐるみ一筋20年の開発者三上は、「飾って終わりにならないぬいぐるみは作れないか?」と考え、フィギュアのようにポーズを変えられるぬいぐるみを開発しようと思い立ちました。
三上が開発にあたり最もこだわった点は、「フィギュアのようなさまざまなポーズが自在にできること」と、「ぬいぐるみならではのふわふわ感」の両立です。立つ・座るだけでなく、バンザイをしたり、手足を自由に可動させたりするには関節が必要です。関節は、樹骨や関節部品を使えば簡単ですが、それでは武骨で触り心地が悪くなります。何度も試行錯誤を重ねた結果、思いついたのが綿と樹脂ビーズでの代用でした。
最初の試作では、立つどころか、足元から崩れ落ちるように倒れて失敗。樹脂ビーズを増やした2作目は倒れたもののしっかり立っている時間を一瞬確認できました。そして3回目の試作で、脚全体に樹脂ビーズを入れたところ、安定して直立し、骨なしで立つことが可能になりました。さらにその後、座ることができるまで数カ月間改良と試作を重ね、ついに完成にこぎつけました。

■初音ミクぬいぐるみは、予約期間を延長するほど大ヒット!
試作品を持って取り引き先に提案に行ったところ反応は抜群によく、第1弾の当社オリジナルのぬいぐるみ「着ぐるみonちゃん」は、初回納品3,000個、その後半年以内に2,000個の追加注文をいただきました。その後も他のキャラクター含め『スタンドレイド』の受注は順調に増加し、2019年11月までに累計1万5,000個を納品しています。
2019年11月13日からは、10日間限定で「初音ミク」ぬいぐるみ(5,093円・税込)をスタンドレイドオンラインショップで発売しました。世界中にファンのいるバーチャル・シンガーの愛らしい動きとやわらかい抱き心地に注目が集まり、販売開始後すぐに大きな反響となりました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208433&id=bodyimage2

東京ギフトショーでは、キーホルダータイプの『スタンドレイド キーホルダー ver.』を初お披露目いたします。持ち運びに便利で、SNSに投稿しやすい大きさで開発を進めています。
当社は今後も『スタンドレイド』を、SNS世代の大人に向けた商品としてや、ぬいぐるみと接する機会が多い0歳から2歳に向けた知育玩具としても開発投入していくとともに、版権・流通分野でパートナー企業を広く募集し、展開を促進したいと考えています。

■東京下町で40年 「依頼されて作る」だけでなく「自分たちのアイデアで開発する」企業へ
東京下町で40年近くに渡りOEM製作を手がけ、豊かな経験と実績を誇りとする当社は、楽しく、使いやすく、そして長く使える高品質な商品の企画提案が強みです。これまで、4万件以上のノベルティ制作実績を持つ、熟練のノベルティプランナーがノウハウを活かし、企業イメージやユーザーニーズに応えた“ありきたりじゃない”ノベルティ提案が支持され、毎年昨年比110%以上の業績アップにつながっています。
近年はオリジナル商品の開発に力を注いでおり、昨年発売した「レジかごで使えるエコバッグ」は、販売開始直後に大手企業の目に留まり、20万個を受注しました。また、10月にはエコバッグが応援ユニフォームに早変わりする「着られるエコバッグ」も発表するなど、SDGsにも貢献できるイノベイティブなアイテムを次々と生み出しています。

当社は今後も、楽しく、使いやすく、そして長く使える高品質な商品の開発という強みを生かし、社会課題や環境問題に向き合い、人々の暮らしに貢献できる企業を目指します。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208433&id=bodyimage3

【開発者】ユニファースト札幌支店 支店長 三上 健 (みかみ けん)
1997年 ユニファースト株式会社 札幌支店入社。
テレビ局マスコットキャラクターぬいぐるみ製作15年、航空会社マスコットキャラクターぬいぐるみ製作10年、北海道有名ゆるキャラぬいぐるみ製作5年、全国的アニメキャラクターぬいぐるみ製作3年など、長年ぬいぐるみ製作に多数たずさわる。
デザイン・型紙製作・見本製作・量産まで一貫して管理し、消費者の安全性を考えた仕様設計を信念として開発する、“ぬいぐるみプランナー”のプロフェッショナル。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000208433&id=bodyimage4

【製品概要】
製品名 : スタンドレイド キーホルダー ver.
価 格 : 予価 800円(税込)~
素 材 : 表生地:ポリエステル
詰 物 : 中綿ポリエステル、ペレット
特 徴 : 針金や芯材などは使用せず、ふわふわ感はそのままで、立つ・座るなどのポーズをとることができるぬいぐるみ『スタンドレイド』。その『スタンドレイド』に、持ち運びが容易でSNSに投稿しやすい大きさのキーホルダータイプが新登場。東京ギフトショーで初お披露目します。

ユニファースト株式会社について                                
”つくりたい”を形にする会社、”つくる”を通して社会に貢献する会社
1981年からモノづくりに取り組み、早39年。ポーチやバッグ、アパレル品等の縫製品をはじめ、お客さまの様々な「つくりたい」を実現してきました。これまでに制作したオリジナルグッズは4万案件以上。数多くの経験から培った企画・提案のノウハウや引き出しが豊富にあります。また、ジャパンクオリティを実現できる海外提携工場を他社に先駆けて発掘し、長年の信頼関係を築いてきました。さらに自社生産管理スタッフを現地に常駐させて品質管理を徹底することで、高品質を実現しています。

会社名: ユニファースト株式会社
代表者: 代表取締役社長  橋本 敦
所在地: 東京都台東区浅草橋3-4-3
TEL : 03-3865-5031
設立日: 1981年2月13日
資本金: 9,800 万円
年商 : 27 億円(2018年12月期 )
URL : https://www.unifast.co.jp/
事業内容:ノベルティ商品の企画・製作・生産、OEM商品の企画・製作・生産
【本件に関するお問い合わせ先】
ユニファースト 広報事務局
担当:福土(ふくど) 携帯:080-6538-6292
電話:03-5411-0066 FAX:03-3401-7788
E-mail:pr@netamoto.co.jp



配信元企業:ユニファースト株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング