IoTチップの世界市場を牽引するのはハードウェア2018年に69億7000万ドル

DreamNews / 2020年2月28日 11時0分

写真

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「IoTチップの世界市場:ハードウェア (センサー・メモリーデバイス・コネクティビティ用IC・プロセッサー)、ソフトウェア - 分析と予測 (2019-2029年)」 (BIS Research Inc.) の販売を2月28日より開始いたしました。

世界的なモノのインターネット(IoT)チップ市場は、ハードウェアとソフトウェアに分類されます。 IoTチップはIoTエコシステムの基盤として機能するため、ハードウェアとソフトウェアどちらも非常に重要です。ただし、収益の観点からは、ハードウェアセグメントが市場をリードしています。

ハードウェアセグメントの市場規模は2018年に69億7000万ドルと収益の大半を生み出しました。これはIoTチップの世界市場の83.65%に当たります。ハードウェアは、ソフトウェアのフットプリントとして機能しています。IoTチップの最も重要な側面と見なされています。一方で、ソフトウェアはIoTチップの相互接続に必要とされることから、今後数年で急速なペースで成長すると予想されています。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210892&id=bodyimage1

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/bis922710-global-iot-chip-market-focus-on-type-end-use.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング