【矢野経済研究所プレスリリース】住宅リフォーム市場に関する調査を実施 ~2019年第4四半期及び2019年計~ 2019年の住宅リフォーム市場規模は前年比4.5%増の6.5兆円に

DreamNews / 2020年3月6日 13時0分

写真

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を実施し、2019年第4四半期及び2019年計の市場規模(速報値)を公表いたします。

1.市場概況
2019年(1~12月計)の住宅リフォーム市場規模は、6兆4,955億円(速報値)、前年比で4.5%増と推計する。1~9月は、2019年10月の消費税率引き上げ(消費税増税)に向けて小幅な駆け込み需要が発生した。増税後の10月以降は反動減の影響も小さく、年間(2019年1~12月計)では前年比増となった。

分野別にみると、前年(2018年1~12月計)と比較して「設備修繕・維持」分野は5.9%増と好調に推移した。同様に「家具・インテリア」分野も2.8%増となった。一方、「増改築工事(10m2超+10m2以下)」分野は4.5%減であった。

2.注目トピック~2019年第4四半期の住宅リフォーム市場規模は前年同期比4.4%減
2019年第4四半期(10~12月)の住宅リフォーム市場規模は1兆8,274億円(速報値)、前年同期比で4.4%減と推計する。

「家具・インテリア」分野は前年同期比18.3%減と消費税率引き上げ(消費税増税)の影響とみられる大幅な減少となったが、「設備修繕・維持」分野は前年同期比1.3%減と小幅な減少にとどまっている。この背景には、増税後の対策である国土交通省の「次世代住宅ポイント」が需要の下支えとしての効果を発揮しているものと考える。

3.将来展望
2020年の住宅リフォーム市場規模は、約6.2~6.4兆円で推移するものと予測する。

2020年は消費税増税後の反動減の影響を受ける1年となるため、2019年よりも小幅なマイナスを見込む。また、国土交通省の次世代住宅ポイントは2020年3月までの施策となっているほか、感染症の影響による経済活動悪化への懸念などのマイナス要因もあるものと考える。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2386

調査要綱
1.調査期間: 2019年10月~12月(2019年第4四半期)
2.調査対象: 各種統計データ及び住宅リフォーム事業者
3.調査方法: 当社専門研究員による市場規模算出、及び文献調査
4.発刊日:2020年3月10日

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000211327&id=bodyimage1



配信元企業:株式会社矢野経済研究所
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング