野村総合研究所、専用パブリッククラウドを自社データセンターに導入~「Oracle Cloud」dedicated regionを世界で初めて採用~

DreamNews / 2020年3月13日 14時0分

株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本臣吾、
以下「NRI」)は、オラクル・コーポレーション(以下、オラクル)が提供する
「Oracle Cloud」dedicated region(「Oracle Cloud Infrastructure」の専用リー
ジョン)を世界で初めて導入し、NRIの専用パブリッククラウドとして利用すること
を決定しました。2020年第2四半期からの稼働を予定しています。

■パブリッククラウドによる専用クラウド整備の背景
近年、日本の金融機関におけるパブリッククラウド活用が本格化しています。
特にDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現においては、パブリッククラウ
ドの有用なサービス群を活用することが重要な成功要因ですが、その一方でガバナン
スやセキュリティを安全・安心に自社統制下で行いたいというニーズも根強くありま
す。
これらのニーズに対応しつつパブリッククラウドの有用性や競争力を最大限に活用す
るアプローチの一つとして、NRIは自社データセンター内に専用パブリッククラウド
を設置し、自社統制下で運用するという新しい活用形態の取り組みを始めました。
今回、オラクル、および、日本オラクルの全面的な協力のもと、
「Oracle Cloud」 dedicated regionを世界で初めて採用し、自社データセンターへ
の導入を開始いたしました。
パブリッククラウドサービスであるOracle Cloud Infrastructureを自社データセン
ター内に専用で導入することにより、オンプレミスのOracle Database環境をセキュ
アなパブリッククラウド環境に移行することが可能となります。
NRIは、今後、この専用パブリッククラウド環境である「NRIクラウド Fusion区画」
の整備を順次進めていくことを計画しています。

■「NRIクラウドFusion区画」の特長
NRIは、金融統制に対応した自社プライベートクラウド環境であるNRIクラウドを、
高度な安全性を確保しながら運用しています。今回、専用パブリッククラウド環境を
自社データセンターで利用することで、自社統制を維持しつつ、インフラサービスの
有用性や競争力の更なる強化を進めていきます。
パブリッククラウドで提供されるさまざまなクラウドサービスをNRIの自社サービス
に組み合わせることで、自社サービスの更なる価値向上が可能となります。
自社データセンター外のパブリッククラウドもあわせたマルチクラウド運営を実現し、
マルチクラウド全体での統一したサービスマネジメントを実現します。

なお、NRIは、Oracle Cloud Infrastructure活用における高度なスキルをもつエンジ
ニア育成に取り組んでいます。最上位資格である、
Oracle Cloud Infrastructure 2019 Certified Architect Professional を日本で初
めて取得し、国内最多規模となるOracle Cloud Infrastructure 認定資格者をすでに
有しており、顧客のパブリッククラウドへのシステム移行やクラウドサービス活用を
強力に支援していきます。



配信元企業:株式会社野村総合研究所
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング