サービスロボットの需要増加-中国や日本などの国で

DreamNews / 2020年3月16日 11時0分

写真

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「サービスロボティクスの世界市場 - 2025年までの予測:プロフェッショナル、個人用・家庭用」 (MarketsandMarkets) の販売を3月16日より開始いたしました。

サービスロボット市場は、環境に基づいて空中、地上、海洋に区分されています。通常、無人航空機または無人機と呼ばれる空中車両は、人間のパイロットがいない航空機です。地上ベースのロボットは、医療、ロジスティクス、パーソナルサービスなどのアプリケーションで人間が存在することなく、地球の表面で使用できます。無人船舶はさらに、自律型水中車両(AUV)、遠隔操作車両(ROV)、および無人水上車両(USV)に分類されます。

2019年、地上サービスロボットが51.6%のシェアで市場を支配しました。地上ロボットは、手術、清掃、高齢者の介護やテレプレゼンスと支援によるコミュニケーションなどのアプリケーションに使用されます。核家族と世界人口の増加に伴い、世帯数が増加し、掃除機ロボットの需要が増加しています。世界経済フォーラム2018によると、「世界は今後80年間で20億の新しい家を建てる必要があります。」また、世界中の高齢化人口の増加により、特に中国や日本などの国では支援ロボットの需要が増加しており、手頃な価格が掃除ロボットの市場を牽引しています。

空中環境は無人航空機(UAV)/無人機で構成されています。ドローンは、主に2つのカテゴリー、すなわち、プロフェッショナル(商業)と個人および家庭(消費者)に分類されます。商業用ドローンは、2019年に空中環境の市場を支配しました。この優位性は、消費者用ドローンよりも高い商業用ドローンの販売価格と相まって、農地の調査や交通監視などのアプリケーションへの商用ドローンの採用の増加に起因します。ドローンは、固定翼、回転ブレード、およびハイブリッドドローンに分類できます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000211829&id=bodyimage1

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama927388-service-robotics-market-by-environment-type.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング