ポータブルサーマルスキャナーの市場-予測期間中に9.2%の高いCAGR

DreamNews / 2020年3月16日 15時0分

写真

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「サーマルスキャナーの世界市場予測 2025年:短波長赤外線 (SWIR)・中波長赤外線 (MWIR)・長波長赤外線 (LWIR) ・冷却式・非冷却式」 (MarketsandMarkets) の販売を3月16日より開始いたしました。

サーマルスキャンは、昼間だけでなく夜間にもオブジェクト、人間、または動物を識別するために使用される技術で、明瞭さと視認性が向上しています。この技術を使用して、物体の温度の関数として放出される温度差が検出されます。サーマルスキャナーは、サーモグラフィー、セキュリティ、監視などのさまざまなアプリケーションに使用されます。これらは産業、商業、航空宇宙と防衛、自動車、ヘルスケアとライフサイエンス、石油とガスなど、さまざまな分野で広く採用されています。コロナウイルス検出のための空港でのサーマルスキャナーの採用の増加と、航空宇宙および防衛分野での政府支出の増加は、サーマルスキャナー市場の成長の主な要因です。当該市場のサーマルスキャナーメーカーにとっての機会には、ヘルスケアアプリケーションにおけるサーマルスキャナーの採用の増加や、建物構造の欠陥を診断するためのサーマルスキャナーの使用が含まれます。ただし、サーマルイメージングコンポーネントに課せられる輸出規制は、市場の成長を妨げています。

ポータブルサーマルスキャナーの市場は、予測期間中に9.2%の高いCAGRで成長すると推定されます。ポータブルで費用対効果の高いサーマルスキャナーとしてのスマートフォンの出現は、予測期間中にハンドヘルドサーマルスキャナーの市場を牽引すると予想されます。ハンドヘルドサーマルスキャナーは、機械的、電気的、建物の問題の診断に使用できます。これらのスキャナーにより、ユーザーはターゲット全体の正確な温度測定を記録し、隠れた問題を簡単かつ迅速に見つけることができます。固定サーマルスキャナーの市場は、その安定性、正確なキャリブレーション、および空港、重要なインフラストラクチャエリア、鉄道/バス停留所などのさまざまな場所に取り付けて使用できる柔軟性により、大幅に成長していると推定されています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000211839&id=bodyimage1

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama927181-thermal-scanners-market-by-wavelength-lwir-mwir.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング