日本モレックス、薄型・高電流容量・高耐性ロック機能を兼ね備えた「Pico-Lock電線対基板用コネクター」に2.00mmピッチ製品を追加

DreamNews / 2020年4月2日 14時0分

写真

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212202&id=bodyimage1

2020年4月2日 - 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:李 在薰)は、薄型・高電流容量・高耐性ロック機能を兼ね備えた「Pico-Lock電線対基板用コネクター」に2.00mmピッチ製品を追加しラインアップを拡充したことを本日発表しました。

モレックスのPico-Lock2.00mmピッチ製品は、嵌合高さ2.60mmの超低背設計でありながら独自のロック機構(サイドポジティブロック)を備え、最大6.5Aの高電流に対応する電線対基板用コネクターです。本製品は、「圧着端子(205342)」「リセプタクルハウジング(205341)」「ライトアングルヘッダー(205338)」で構成されており、極数展開は2~6極、AWG20~26サイズのワイヤーが利用可能です。

Pico-Lock電線対基板用コネクターは、独自のサイドポジティブロック機構によって、低背かつ信頼性の高い嵌合保持を実現します。加えて、コネクター上面にもフリクションロックを施し、嵌合保持力の補完を図っています。このフリクションロックにより、目視での嵌合確認も可能になります。また、ハウジングに設けた誘い込みガイドによって、スムーズな挿入と正しい極性での嵌合が容易で誤嵌合を防止します。

Pico-Lock電線対基板用コネクターの主な特徴

・ 幅の広いネール(半田タブ)によって確実な基板保持と機械的安定性を提供

・ 面取りされたピン設計によってスムーズな嵌合およびピンとコンタクトの保護を実現

・ 2種類の圧着バレルによってお客様のニーズに応じて幅広いワイヤーゲージを選択可能

本コネクターは、インフォテインメント、インテリアエレクトロニクス、ヘッドアップディスプレイ、コントロールユニット、ブラックボックスなどの車載製品、LED/LCD TV、ノートパソコン、タブレット、ゲーム機器、LED照明、ヒーター/ファンなどの民生品、スマートメーター、ファクトリーオートメーション、電源供給装置、セキュリティ/監視デバイス、トランスフォーマーなどの産業製品、ワイヤレスモデムサーバーなどの通信/ネットワーキング機器といった用途に適しています。

詳しい情報は、弊社ウエブサイト http://www.japanese.molex.com/link/picolock.html をご覧下さい。


モレックスについて
モレックスは、未来の変革とより豊かな生活を実現させるテクノロジーを可能にすることでつながる世界を支えていく。世界40カ国以上で事業を展開し、データ通信、医療、インダストリアル、自動車、家電などの様々な市場に広範な接続システム、サービスおよび電子ソリューションを提供している。
http://www.japanese.molex.com/

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR モレックス担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp



配信元企業:日本モレックス合同会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング