Nordic Semiconductor、nRF52シリーズのローエンド製品nRF52820 SoCを発表

DreamNews / 2020年3月23日 17時0分

写真

2020年3月23日 【参考日本語訳】

Nordic Semiconductor、Full Speed USB 2.0とBluetooth 5.2、Bluetooth LE、Bluetooth Mesh、ThreadおよびZigbeeに対応したnRF52シリーズのローエンド製品nRF52820 SoCを発表

nRF52820 SoC - HID、スマートホーム、商工業用途向けに、高性能マルチプロトコルと12Mbps USB、すべてのBluetooth 5.2の機能をサポートするフル機能の+8dBm無線出力、Bluetoothロングレンジ、Direction Finding(方向検知)、耐高温性に対応したSoC

ノルウェー、オスロ発(2020年3月19日) - 超低消費電力無線ソリューションのリーディング・プロバイダーであるNordic Semiconductor(OSE:NOD、以下Nordic)は本日、実績のあるnRF52シリーズの第6弾としてnRF52820 Bluetooth 5.2 System-on-Chip(SoC)を発表しました。nRF52820は、超低消費電力Bluetooth Low Energy(Bluetooth LE)、Bluetooth Mesh、Thread、Zigbee、および独自仕様の2.4GHz無線のローエンド無線接続に対応するソリューションです。ロングレンジおよび2Mbpsの高スループット、Direction Finding(方向検知)、LE Power Control、LE Isochronous Channelといった、Bluetooth 5、5.1、5.2の全機能に対応しており、フルスピード(12Mbps)USB 2.0インターフェイスも内蔵しています。

nRF52820は、パワフルな64-MHz 32ビットArm Cortex-M4プロセッサに、256KB Flashと32KB RAMを搭載しており、プロ仕様の照明やアセットトラッキング、HID、ゲーミング製品など民生用・産業用の幅広いワイヤレス用途に最適なシングルチップです。また、アプリケーションMCUと組み合わせれば、nRF52820に搭載されたマルチプロトコル無線機能と+8dBm出力により、高度なワイヤレス接続を必要とするゲートウェイやその他スマートホームアプリケーションに最適なネットワークプロセッサとなります。動作周辺温度は-40℃~105℃と非常に広範で、プロ仕様の照明など商業・工業用途に最適な製品です。

nRF52820のカギとなる機能が、フルスピード(12Mbps)USBでの動作です。USBはPCやスマートフォン、ゲートウェイなど幅広いホストデバイスとの低レイテンシ・高帯域幅での通信を可能にするポピュラーな接続インターフェイスであり、このインターフェイスによりDFU(Device Firmware Updates)-over-USBも現実的なものになります。メインの電源レギュレーターに加え、nRF52820のUSBペリフェラルには、5VのVBUS信号をUSBシグナリングインターフェイスで必要な3.3Vに変換する専用レギュレーターなどが含まれており、外付けレギュレーターで必要となるコストやスペースの問題も解決することが可能です。

nRF52820には最大18本のGPIOと、アナログコンパレーターやSPI、UART、TWI、QDECといった幅広いアナログおよびデジタルインターフェイスが組み込まれています。供給電圧は1.7~5.5Vの入力範囲に対応しており、ボタン電池や充電式電池での稼働も可能です。USBホストに接続すれば、5VのVBUS信号の常時電源で直接nRF52820に電力を供給できます。構成のリファレンスレイアウトはNordicより提供されます。

nRF52820は、S112、S140 SoftDevice(Bluetooth 5.1認証済みプロトコルスタック)、およびS122(アルファバージョン)SoftDeviceに対応しています。S112とS122はメモリが最適化されたペリフェラルおよびセントラルスタックで、S140はロングレンジや2Mbpsの高スループットなどの機能を備えたセントラルおよびペリフェラル用のBluetooth 5プロトコルスタックです。

nRF52820を使用した開発にはNordicのnRF5 SDK(Software Development Kit)v16.0.0で対応しますが、フルサポートは2020年第2四半期を予定しています。nRF52820のエミュレートにはnRF52833 Development Kit(DK)が使用可能で、nRF52820をベースとする設計の開始方法として推奨します。DKは、Bluetooth LEや Bluetooth Mesh、802.15.4、Thread、Zigbee、および独自仕様の2.4GHzアプリケーションを対象とする汎用性の高いシングルボード開発キットです。Arduino Uno Rev3規格と互換性があり、この規格に準拠するNordicのPower Profiler Kitや幅広いサードパーティ製シールドを使用した開発が可能です。

Nordic のプロダクトマネジメントのディレクターであるKjetil Holstadは次のように述べています。
「nRF52820は、Bluetooth 5.2マルチプロトコルSoCにより、nRF52シリーズの定評あるハードウェアおよびソフトウェアプラットフォームをさらに拡張し、コスト制約を強いられるアプリケーションの開発に役立ちます。nRF52820の登場により、ODMやOEMの皆様が様々な近距離ワイヤレス接続製品を開発する際のベースとして、nRF52シリーズが理想的なプラットフォームとなりました。シリーズの全製品に共通するハードウェアおよびソフトウェアアーキテクチャによりソフトウェアの優れたポータビリティが実現し、製品化までの時間と開発コストが削減されると同時にソフトウェアの再利用性も向上します」

nRF52820の設計サンプルは現在入手可能です。SoCのパッケージはGPIO 18本を搭載した5x5mm QFN40で、NordicのnRF52833 SoCとの間にドロップイン互換性があります。

nRF52820について(英語)
https://www.nordicsemi.com/Products/Low-power-short-range-wireless/nRF52820

Nordic Semiconductor ASAについて(英語)
https://www.nordicsemi.com/About-us


本リリースに関する報道関係からのお問い合わせは下記にお願いいたします

Nordic Semiconductor PRエージェンシー(日本国内)
株式会社ブラッド・スウェット アンド ビアーズ
早田 真由美 (ハヤタ マユミ)
TEL: 03-6809-2301
E-mail: hayata@bsbeers.com



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212217&id=bodyimage1



配信元企業:Nordic Semiconductor
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング