プライベートLTE市場、2027年に75億米ドル規模に到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

DreamNews / 2020年3月30日 11時0分

写真

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界のプライベートLTE市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、タイプ別(FDD、TDD)、エンドユーザー別(製造、エネルギーと公益事業、 医療、輸送、鉱業、その他)、地域別の分析と予測」(The Insight Partners発行)の販売を3月27日より開始いたしました。

The Insight Partnersによると、世界のプライベートLTE市場は、2019年から2027年に12.7%のCAGRで成長し、2027年には75億米ドルに達すると推定されています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212573&id=bodyimage1

プライベートLTEネットワークは、企業の個人およびモノを効率的に接続し、保護するように設計されたプライベートネットワークです。プライベートLTEネットワークは、高速、大容量、高い安全性、低遅延、一貫したパフォーマンス、より包括的な範囲、相互運用性など、IIoTの需要を補完するさまざまな機能を提供しています。プライベートLTEネットワークを使用すると、ネットワークサイトの待ち時間が短くなり、センサー、ゲートウェイ、スマートフォン、さらには自動運転車などのネットワークデバイスに直接アクセスできます。これらのシステムすべてを単一のネットワークでリンクすることにより、企業は活動と接続をより効果的に処理できます。さらに、世界におけるスマートフォン採用の増加により、予測期間を通じて市場の拡大がプラスの方向に進むと予想されます。

世界のプライベートLTE市場は、コンポーネント別にソリューションとサービス、タイプ別にはFDDとTDDに分かれています。エンドユーザー別では、製造業、エネルギーおよびユーティリティ、 ヘルスケア、輸送、鉱業などに分類されています。

北米では、地域でのLTEネットワークの採用が増加し、ミッションクリティカルな通信と産業用IoTサービス用の低遅延ネットワークをサポートする必要性が高まっているため、予測期間中は世界のプライベートLTE市場を支配すると予想されます。欧州の民間LTE市場は、ノルウェー、ポーランド、フィンランドなどの国の大多数の公安機関が緊急サービス通信にTETRAネットワークに依存しているため、予測期間中に推進することが予想されます。これに伴い、ネットワーク機能を改善するには、ブロードバンドやLTEなど高度なワイヤレスソリューションとの統合が必要です。APACは、プライベートLTEネットワークのベンダーに新しい市場機会を提供することが期待されています。APACでのプライベートLTE市場の成長を考慮すると、日本、中国、オーストラリアは重要な国に位置付けられます。中国と日本は、自動車、IT製品、電子製品を生産する最も重要な製造経済国です。この地域でのプライベートLTEの市場成長は、M2M通信の増加、スマートフォン普及率の増加などによるものです。これは、ヘルスケア、輸送、製造などさまざまな業界を横断するIoTプラットフォームの普及によって支えられています。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/tip928729-private-lte-market-global-analysis-forecasts-by.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F





配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング