ヨーロッパ最大の花き卸売企業であるDutch Flower Groupが 企業競合力を高めるためにERPを近代化

DreamNews / 2020年7月21日 13時0分

写真

ヨーロッパ最大の花き卸売企業であるDutch Flower Groupが企業競合力を高めるためにERPを近代化
~Infor CloudSuite M3の導入によりプロセスの自動化、資源の有効活用、および生産性の改善を目指す~



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000219244&id=bodyimage1


 あらゆる業界に特化したクラウド型業務ソフトウェアを展開する米Infor(以下インフォア)は、世界最大規模の花き卸売企業であるオランダのDutch Flower Group(以下、DFG)が、子会社であるBloom-Green Partners社、Van Dijk Flora社、Superflora社、およびJZ Flowers社のビジネスプロセスの自動化と資源の有効活用、生産性の改善のために、インフォアの流通・卸売業界に特化したソリューションである「Infor CloudSuite M3」を採用したことを発表します。

 DFG 傘下の上記の小売各社は、ビジネスの俊敏性と将来性を高めるために、業務のさらなる自動化と財務・報告書処理の柔軟性を高められるERPソリューションを必要としていました。

 DFG は、今世紀初頭から現行のシステムを利用してきましたが、同システムではグループのビジネス目標を支えることはできないと考えました。DFGは、急速にデジタル化が進む競争が激しい市場において、花束を構成する花の品種の豊富さなどの業界固有の複雑性に対処する必要があり、ITの最新化は喫緊の問題でした。同時に、新しいERPソリューションを導入することには慎重な姿勢を保ってきました。

 Dutch Flower GroupのCIOであるMichel van Hout氏は、次のように述べています。
「徹底的な分析の結果、インフォアには業界に特化した実績の高いソリューションがあり、またチームとの相性とも非常に良いことから、インフォアの採用を決めました。もしあなたが大きな手術を受けるとしたら、信頼して安心できるプロの外科医を探すでしょう。当社にとってのインフォアが、まさにそれです。当社のニーズと原動力に合ったインフォアのライセンスモデルを適用した後の展開が楽しみであり、私たちの新しい挑戦をインフォアがサポートしてくれることを嬉しく思います。これは、Dutch Flower Groupにとっては、高度な統合機能を備えたERPソリューションの利点を活かせるようにプロセスを見直して再考するチャンスであり、インフォアにとっては、さらなる自動化によって私たちの業界にあわせたプロセス改善を支援するというチャレンジになります。」



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000219244&id=bodyimage2

Dutch Flower Group、CIO、Michel van Hout氏

 DFGは、平均して7,500万本の花、1,000万束の花束、そして1,000万本の植物を、毎週消費者に届けています。Infor CloudSuite M3の本稼働後は、統合をスムーズに実行できるよう、既存のビジネスプロセスを専門化して調和させたいと考えています。

 Van Hout氏は、次のように述べています。
「私たちの目標は90%の自動化を実現して手作業を減らすことです。これまでは部門の最適化しか選択肢がありませんでしたが、今後は従業員の資質を最大限に活用して、真に統合されたプロセスを実現したいと考えています。多数のExcelシートによる作業を減らし、さらに重要なこととして、業務における生産性の低下や品質悪化につながるような水面下の見えない問題をなくしていきます。そして、最後には、ロジスティクスと財務管理を統合したERPソリューションの活用を実現したいと考えます。資源をより有効に活用して、廃棄ロスを減らし、所要時間を短縮したいのです。」

 DFGは、Infor CloudSuite M3の導入によりバックエンドのテクノロジーを強化し、同業界および顧客の高まるニーズに応えられるように将来に投資します。

 Infor Beneluxのバイス・プレジデント兼マネージングディレクターであるKees van den Houtenは、次のように述べています。
「Infor CloudSuite M3ソリューションは、コストの削減、生産性の改善、柔軟性とスピードといった側面を重視するDutch Flower Groupのような企業のニーズに特に適しています。インフォアは、Dutch Flower Groupとの関係を強化し、これから長きにわたって同グループがパワフルで俊敏な最新のITフットプリントを構築できるように支援していくことを楽しみにしています。」

※当リリースは、2020年6月25日にオランダで発表されたリリースの抄訳をベースにしています。
https://www.infor.com/news/dutch-flower-group-infor-cloudsuite-m3

●Dutch Flower Groupについて
 Dutch Flower Groupは、ヴァン・ツィベルデン家とヴァン・トゥイーン家の2つの輸出会社の合併を経て1999年1月1日に設立されました。30社以上の専門商社から成るユニークなグループであり、各社が独自の顧客志向とアプローチを持ちつつ、ひとつになって協力することで、花のチェーン全体にサービスを提供しています。グループ各社は、最高品質の切り花、ミックスブーケ、植物を顧客に提供しています。Dutch Flower Groupは、4,600人の従業員を抱え、2019年の売上高は16億ユーロを超えました。さらに詳しくは、< https://dfg.nl/en/ >をご覧ください。

●インフォア、インフォアジャパンについて
 インフォアは、クラウドを用いた業界特化型のビジネスアプリケーションにおけるグローバルリーダーです。17,300人を超える社員が、170か所以上の地域で68,000以上のお客様を支援しています。インフォアのソフトウェアは、お客様の業務の進化に向けたデザインとなっています。さらに詳しくは< www.infor.com >(英語)をご覧ください。インフォアジャパンは、米国インフォアの日本法人として、各種エンタープライズソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。詳しくは< https://www.infor.com/ja-jp/ >をご覧ください。

インフォアのお客様には下記が含まれます。
・航空宇宙企業20社
・ハイテク企業上位10社のうち9社
・米国最大のヘルスケア提供ネットワーク25のうち14社
・米国の大都市20のうち19
・自動車サプライヤ20社のうち18社
・産業用製品販売上位20社のうち14社
・グローバル小売企業上位20社のうち13社
・ 醸造企業上位5社のうち4社
・グローバル銀行20行のうち17行
・最大規模のグローバルホテルブランド10社のうち9社
・グローバルな高級ブランド上位10社のうち7社



配信元企業:インフォアジャパン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング