自動車内装プラスチック部品市場ー車種別、製品タイプ別、販売タイプ別-グローバルな需要分析と機会の見通し2027年

DreamNews / 2020年9月8日 17時30分

写真

Research Nester Private Limitedは調査レポート「自動車内装プラスチック部品市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年9月 08日に発刊しました。これは、2019-2027年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

プラスチックは、傷がつきにくく、熱安定性が高く、体積が大きく、重量に強いという広範な特性を持つ材料の一つです。これらすべての特性を組み合わせることは、自動車産業にとって非常に有益です。自動車の製造時間の短縮とは別に、プラスチックコンポーネントを使用することで、エンジンの燃料効率を向上させることができます。プラスチック材料は、車の外観の革新にも役立ちます。自動車の機能性、外観、安全性を向上させる以外に、企業が消費者に優れた価値を提供するのに役立ちます。以前はプレミアムクラスの車でしか利用できなかった新しいアップグレードされた自動車部品は、プラスチック部品の広範な使用により、ミッドレンジ乗用車でも利用できるようになり、自動車内装プラスチック部品市場の発展に貢献しています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000222098&id=bodyimage1

市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。
● 自動車内装プラスチック部品市場は、(2019-2027年)の予測期間中に約11%のCAGRで拡成長すると推定されています。過去数年間のプラスチック業界の進歩と自動車セクターでの研究開発活動の増加により、予測期間中の自動車内装プラスチック部品市場が牽引されると予測されています。

● 自動車内装プラスチック部品市場は、車種別(乗用車・商用車)、製品タイプ別(ポリプロピレン(PP)、ポリウレタン(PU)、ポリ塩化ビニル(PVC)、アクリロニトリルブタジエン、スチレン(ABS)、ポリカーボネート(PC)およびその他);販売タイプ別(OEMおよびアフターマーケット)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

● 自動車内装プラスチック部品市場における業界のリーダーはBraskem SA、Bayer Group、BASF SE、Saudi Basic Industries Corporation (SABIC)、Smiths Plastics (PTY) LTD、PLASTIKON INDUSTRIES, INC.、National Plastics Group、Grupo Antolin、MVC Holdings, LLC、Barkley Plastics Ltd、Plastic Molding Technology, Inc.、Productive Plastics, Inc.、Tata Sons Ltd、Nifco Inc.などです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。

● 自動車内装プラスチック部品市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。
自動車内装プラスチック部品市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
。アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
。中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

● レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

低燃費車の需要の高まり
世界中の燃料費の高騰により、顧客は燃費の良い車両を選択するようになっています。より多くの顧客を引き付け、顧客を維持するために、企業は燃料効率を改善するために軽量車両を製造しています。金属やその他の重量物要素は、より良い強度とより良い効率を提供するプラスチックで置き換えられています。プラスチックモノマーは、化学反応と触媒を使用して重合してポリマーとコポリマーを形成し、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリスチレン(PS)などの重合した材料に変わります。これらの材料は、モノマーよりも優れた特性を備えており、成形や製造での使用に対して非常に安定しています。

車両の排出ガスを規制する政府の規制
重量削減は、温室効果ガス(GHG)排出量と燃料消費量を削減し、再生不可能な原油の保護に役立つ費用対効果の高い方法を提供します。1 kgの重量が減少するごとに、20 kgの炭素排出量を削減できます。企業が政府の規制に準拠するようにというこの圧力により、プラスチックコンポーネントが使用されるようになりました。プラスチックコンポーネントのこの増加するニーズは、市場シェアの成長率を牽引すると予想されます。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-1426

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/automotive-interior-plastic-component-market/1426

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com





配信元企業:Research Nester Private Limited
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング