ARM Cortex-M搭載IoT端末のテストルーティングを実現できるPythonサポートUNITおよびPEmicroのCyclone FX、Cyclone LC、Multilink販売開始

DreamNews / 2020年10月5日 17時30分

写真

2020年10月5日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区:米国本社PEmicro日本総代理店)はARM Cortex-M搭載IoT端末のテストルーティングを実現できるPythonサポートUNITおよびPEmicroのCyclone FX、Cyclone LC、Multilink販売開始いたいます。

PEmicroは、ARM Cortex-MプロセッサのPythonサポート用のパッケージを追加することにより、UNITライブラリインターフェイスルーチンのラインを拡張しました。PEmicroのUNITライブラリを使用すると、ユーザーは、PEmicroのCyclone FX、Cyclone LC、Multilink、およびMultilinkFXインターフェイスのいずれかを使用してARM Cortex-Mプロセッサを完全に制御できるカスタムWindows等のアプリケーションを作成できます。

UNITライブラリは、カスタム生産ラインテスターを構築するために頻繁に使用されます。ライブラリを使用すると、アプリケーションは、PEmicroインターフェイスを使用してデバッグポートにアクセスすることにより、プロセッサのメモリ、周辺機器、およびその他のリソースをピークアンドポークできます。これらの機能により、アプリケーションはターゲットハードウェアのテストを実行したり、ターゲットキャリブレーションデータを計算したり、デバッグモードを使用してターゲットを制御したりできます。

ARM Cortex-MプロセッサのPythonサポートUNITライブラリルーチンが利用可能になりました。ソフトウェアパッケージは、インターフェイスライブラリ(WindowsDLLおよびLinux.SO)とサンプルコードで構成されており、PEmicroのICEを1つを介してARM Cortex-Mプロセッサ(ACMP)ベースのシステムと対話およびデバッグできるカスタムアプリケーションを構築できます。これには、NXPのKinetis/S32デバイスが含まれます。このパッケージには、C/C ++とDelphiの両方のサンプルルーチンと、DLL / SOの詳細な呼び出し情報が含まれています。ACMPハードウェアインターフェイスライブラリルーチンのCモジュールとDelphiモジュールは、DLL / SOとインターフェイスしてハードウェアとインターフェイスするソースコードとして提供されます。ACMPハードウェアインターフェイスライブラリルーチンライブラリは、製品のテスト、キャリブレーション、更新などの機能を実行するための独自のカスタムアプリケーションを構築するのに非常に役立ちます。パッケージに含まれているデモプログラムは、インターフェイスを初期化する方法を示しています。プログラムレジスタ、コードをRAMにダウンロードし、コードをステップスルーします。これらのプログラムから始めて、特定の要件に合わせて簡単にカスタマイズできます。付属の32ビット.DLLを使用して作成されたアプリケーションは、64ビットオペレーティングシステムでも動作します。

◆UNITACMPライブラリSDK
・ PEmicroのUNITACMPの場合、バンドルされています。ARM Cortex-Mプロセッサ用のUNITACMPライブラリSDK
・ KinetisLシリーズを含むARMCortex-Mデバイスで動作
・ PEmicroのMultilinkデバッグプローブ、Multilink_FXデバッグプローブ、CYCLONEおよび CYCLONE FXインシステムプログラマー、およびTracelinkを介して機能
・ SDKは、使用している特定のPEmicroハードウェアインターフェイスでサポートされているデバイスでのみ機能
・ バックグラウンドデバッグモードへのインターフェイスを提供
・ パッケージには、C / C ++およびPASCALモジュールが含む
・ CデモとPASCALデモの両方に提供されるソースと実行可能ファイル

◆サポートされているコンパイラ:
・ UNITACMPおよびUNITACMP_DIST: MicrosoftVisual C ++ 5.0以降、Delphi2.0 以降
・ 開発プラットフォーム:Windows 32ビット、Linux 32ビット、Linux64ビット
・ 生産ラインテスターの構築に非常に便利

【P&Eマイコンシステムズ社について】
P&Eマイコンシステムズ社は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州に本社を構える老舗の開発ツールベンダーです。1981年に世界初の汎用EPROMプログラマを開発し、それ以来業界のトレンドセッターとなっています。プロダクションプログラマ用Cycloneは、高性能で、設定が容易で、多彩な制御と自動化のオプションを備えたスタンドアロンのインサーキットプログラマです。MULTILINKデバッグプローブは、幅広い性能レベルを提供し、優れた価値を示し、Microchip社、Cypress社、 Infineon、Silergy、Nordic、NXP、Silicon Labs、 STMicroelectronics、Texas Instruments 、東芝、ルネサスなど、幅広くサポートされています。ポジティブワンは、15年以上、日本総代理店として、販売およびサポートを行っております。ポジティブワンから購入していただいたお客様には、技術サポート、パラメータシート(該非判定)の対応を積極的に行っております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL http://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000223542&id=bodyimage1



配信元企業:ポジティブワン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング