「建設機械の世界市場:機械タイプ・カテゴリ別、電動建機タイプ別2025年予測」最新調査リリース

DreamNews / 2021年1月8日 13時0分

写真

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「建設機械の世界市場:機械タイプ・カテゴリ別、電動建機タイプ別2025年予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
建設機械のグローバル市場は2025年段階で2050億ドルに達すると予測されます。2020年の同市場規模は1693億ドルで、2025年にかけて平均年成長率3.9%で拡大する見通しです。
レポートは建設機械の世界市場について2025年までの市場予測データ(金額US$、台数ベースUnits)を掲載しています。また市場をさまざまな切り口で細分化し、そのセグメント市場ごとの市場予測を中心に構成されています。
当レポートでの各種セグメント市場の区分および項目は、機械タイプ別市場(アーティキュレートダンプトラック、アスファルトフィニッシャ、バックホーローダなど)、機会カテゴリ別市場(土木機械、マテリアルハンドリング機器、大型建設車両など)、推進タイプ別市場(ディーゼル、CNG/LNG/RNG)、出力別市場(100HP以下、101-200HPなど)、エンジン排気量別市場(5L以下、5-10Lなど)、用途別市場(インフラストラクチャ、商用ビル、住居)、排気ガス規制別市場(STAGEII、STAGEIIIなど)、後処理装置別市場(EGR、DOCなど)、主要国地域別市場、および電動建設機械市場、建設機械レンタル市場などとなっています。また競合状況、主要企業情報(13社)、COVID-19による建設機械市場への影響、市場シェア分析などの分析情報も加味し、建設機械市場の今後成長性および動向を詳細にレポートしています。

【英文市場調査レポート】
建設機械の世界市場:機械タイプ・カテゴリ別、電動建機タイプ別2025年予測
Construction Equipment Market by Type (Excavator-Crawler & Mini, Loader-Backhoe, Skid-steer, Wheel, Dozer, Dump Truck, Others), Electric Equipment, Propulsion, Power Output, Application, Rental, Aftertreatment Device and Region - Global Forecast to 2025
http://researchstation.jp/report/MAM/22/Construction_Equipment_Market_2025_MAM2207.html

【レポート構成概要】
◆建設機械の世界市場予測2018-2025年
・市場規模(US$)
・台数ベース(Units)

◆機械タイプ別、市場-2025年
・アーティキュレートダンプトラック
・アスファルトフィニッシャ
・バックホーローダ
・クローラドーザ
・クローラショベル
・クローラーローダ
・ミニパワーショベル
・モーターグレーダ
・モータースクレーパ
・ロードローラ
・リジッドダンプトラック
・ラフターリフトトラック(RTLT-Masted)
・RTLTテレスコピック
・スキッドステアローダー
・ホイールショベル
・ホイールローダー(80HP以下)
・ホイールローダー(80HP超)
※(市場規模US$、台数ベースUnits)

◆機械カテゴリ別、市場-2025年
・土木機械
・マテリアルハンドリング機器
・大型建設車両
・その他
※(市場規模US$、台数ベースUnits)

◆推進タイプ別、市場-2025年
・ディーゼル
・CNG/LNG/RNG
※(市場規模US$、台数ベースUnits)

◆出力別、市場-2025年
・100HP以下
・101-200HP
・201-400HP
・400HP超
※(市場規模US$、台数ベースUnits)

◆エンジン排気量別、市場-2025年
・5L以下
・5-10L
・10L超
※(市場規模US$、台数ベースUnits)

◆用途別、市場-2025年
・インフラストラクチャ
・商用ビル
・住居
※(市場規模US$)

◆電動建設機械市場、機械タイプ別-2025年
・電気駆動式ダンプトラック
・電動ドーザー
・電動ショベル
・電動モーターグレーダ
・電動ローダー
※(市場規模US$、台数ベースUnits)

◆排気ガス規制別、市場-2025年
・STAGEII
・STAGEIII
・STAGEIIIA/B
・STAGEIV
・STAGEV
・STAGEVI
・TIER4
・TIER5
※(台数ベースUnits)

◆建設機械レンタル市場、用途別-2025年
・インフラストラクチャ
・商用ビル
・住居
※(市場規模US$)

◆後処理装置別、市場-2025年
・排気ガス再循環(EGR)
・ディーゼル用酸化触媒(DOC)
・ディーゼル微粒子捕集フィルター(DPF)
・選択触媒還元(SCR)
※(市場規模US$、台数ベースUnits)

◆主要国地域別市場-2025年
アジア太平洋
・日本、中国、インド、インドネシア
・その他アジア太平洋
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・ドイツ、フランス、英国、スペイン、イタリア
・その他欧州
中東
・カタール、サウジアラビア、UAE
・その他中東
その他地域
・ブラジル、ロシア、南アフリカ
・その他
※地域別に全てのセグメント別の細分化データ掲載、詳細は目次参照
※国別に機械タイプ別の細分化データ掲載

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・COVID-19による建設機械市場への影響
・市場シェア分析
・競合状況

◆建設機械の主要企業プロフィール動向
・CATERPILLAR INC.
・株式会社小松製作所
・DEERE & COMPANY
・日立建機株式会社
・VOLVO GROUP
・CNH INDUSTRIAL
・LIEBHERR
・XCMG
・SANY HEAVY INDUSTRY CO., LTD
・DOOSAN HEAVY INDUSTRIES & CONSTRUCTION CO., LTD.
・JCB
・TEREX CORPORATION
・ZOOMLION HEAVY INDUSTRY SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD.

(その他企業)
欧州
・ATLAS COPCO AB
・SANDVIK GROUP
・WIRTGEN GROUP
・AMMANN
米国
・MANITOWOC
・ASTEC INDUSTRIES
アジア太平洋
・GUANGXI LIUGONG MACHINERY CO., LTD.
・HYUNDAI HEAVY INDUSTRIES
・株式会社神戸製鋼所
・住友重機械工業株式会社

(全268頁)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000229215&id=bodyimage1

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/22/Construction_Equipment_Market_2025_MAM2207.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年1月7日

★関連レポート
「電動建設機械、トラクター、作業車両の世界市場:2025年に至る機器タイプ別、主要国地域別予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/21/Electric_Off_highway_Vehicle_Market_2025_MAM2148.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL: http://researchstation.jp/index.html



配信元企業:リサーチステーション合同会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング