プログレス、パスワード付きZIPファイル送信(PPAP)に代わるセキュアなファイル転送「MOVEit アドホック トランスファー」の新規導入キャンペーンを開始

DreamNews / 2021年2月3日 11時0分

写真

プログレス・ソフトウェア・ジャパン株式会社(東京都港区、以下プログレス)は、中央省庁におけるPPAP廃止を受け、安全なファイル転送についての対応を検討されている企業に対し、代替となるソリューション「MOVEit アドホック トランスファー」の導入を提案するとともに、新規導入を支援するキャンペーンを2021年2月1日(月)より実施しております。

MOVEit アドホック トランスファーの製品概要
MOVEit Transferはいろいろな場面で安全にデータを送信・転送・共有することができるマネージド・ファイル・トランスファー製品です。MOVEit アドホック トランスファー を使うと、エンドユーザーは、使用しているWebブラウザ、または Outlook から、ITが管理できる、規制に準じた方法で安全、迅速に、サイズ制限なくファイルやメッセージを他の人に送付できます。MOVEit アドホック トランスファーはPPAPに代わるセキュアなファイル転送です。

【業務上のメリット】
ユーザーは、使用している Web ブラウザ、またはMicrosoft Outlook から、サイズ制限なしにファイルやファイルのフォルダーを安全に他の人に転送したり、メッセージを送ったりすることができます。ファイルのパッケージをメッセージをつけて多数の送信先に送ることもできます。設定されていない受信者について、ITの要件に基づいて自動的に有効期限、パスワードの長さ、複雑さ、配信の要件などをシステムに追加するオプションもあります。設定を行ったら、受信者にパスワードを作成したり、ファイル有効期間やダウンロードの上限を指定したりすることによってセキュリティ・コントロールをカスタマイズできます。送信後にダウンロードできなくなったファイルについて「リコール」できる機能もあります。
また受信者は、追加のプラグインやソフトウェアなしに、どの Web ブラウザからでもファイルを取り出せます。ファイルのパッケージを受信するのに MOVEit のユーザーである必要はありません。

【管理上のメリット】
MOVEit アドホック トランスファーを使うと、ユーザーはファイルやメッセージを他の人に簡単かつ安全に送信できるため、社員・職員が安全でないEメールや他の方法を使うリスクを減らせます。ファイルのサイズに制限がなくサムドライブやDVDなどより便利ですから、リスキーなツールからの移行が促進できます。IT部門は、このソリューションによって、組織全体へのデータ保護に必要な可視性とコントロールが得られます。さらに、ユーザーがファイル転送サーバーを使えるよう準備したりといったIT部門の負荷が減らせ、ファイル転送に関する総合的なガバナンスを強化できます。
MOVEit アドホック トランスファーは、添付ファイルによる組織のメールサーバーへの負荷も減らします。メールサーバーにソフトウェアをインストールする必要もありません。そのため、大容量の添付ファイルや大容量ファイルで受信者の受信ボックスが満杯になったせいで送り返されるような状況を避けることができ、サーバーのパフォーマンスが向上します。

Outlookメール、Webインターフェースから安全に、データを送信、共有することができ、さらにオンプレミス、パブリッククラウド(AWS, Azure)、プライベートクラウド、仮想環境などで動作可能です。
厳しい各コンプライアンス、PCI DSS, HIPAA, GDPR, ISO27001, FIPS-1402, FISMA, BASELなどに準拠しており、操作性を犠牲にすることなく多くのセキュリティ対策がされています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000230622&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000230622&id=bodyimage2


MOVEit アドホック トランスファーを使うと、以下のことが実現できます。
1. メールで送信できるファイルの容量は無制限
2. メール本文と添付ファイルを分離し、添付ファイルは MOVEitにAES-256暗号化保存
3. ログインパスワードと、ダウンロード URL は、MOVEitからメールとは別経路にて送信
4. Outlook メール、Web インターフェースから簡単な送信操作
5. 送信添付容量、保存期間、ダウンロード可能期間および回数などを個別設定可能
6. 送信取り消しが可能
7. 多要素認証、外部認証、シングルサインオン(SSO)、TLS/SSL、SSH 暗号化
8. McAfee, Symantec, Trend Micros, Sophos社などのウィルス対策及び情報漏洩エンジン(DLP)エンジンと統合可能
9. オンプレミス、Azure、AWS、プライベートクラウド、仮想環境で動作


製品購入と試用版ダウンロードについて
製品名:MOVEit Ad Hoc Transfer
製品価格:定価 799,000円~
販売方法:サイバネットシステム株式会社、ダイワボウ情報システム株式会社、SB C&S株式会社、株式会社ネットワールド、及びその販売代理店各社より販売
試用版を使用して操作を確認することができます。下記サイトよりダウンロード可能です。
https://www.ipswitch.com/jp/forms/free-trials/moveit-transfer

キャンペーンについて
キャンペーン内容:MOVEit アドホック トランスファーのライセンスをエンドユーザー様は定価の4割引でご購入いただけます。
応募条件:
1.新規購入に限ります(アップグレード、保守更新は対象外)
2.新規ライセンスと最低1年分の保守を購入してください
応募方法:上記販売代理店より見積を依頼してください
応募締切り:2021年5月21日(金曜日)受注分まで

MOVEit について
MOVEit マネージド・ファイル・トランスファー(MFT)ソフトウェアは、ファイル転送アクティビティをすべて可視化し、コントロールするために、世界中の多くの組織によって利用されています。MOVEit を使用すると、中核となる業務プロセスの信頼性を保ち、機密性の高いデータを、パートナー、顧客、ユーザー、およびシステム間で、規制を遵守しつつセキュアに転送することが可能になります。

詳細情報(ウェブサイト)
MOVEit Transfer: https://www.ipswitch.com/jp/moveit-transfer
MOVEit アドホック トランスファー: https://www.ipswitch.com/jp/moveit/ad-hoc
PPAP対策: https://www.ipswitch.com/jp/moveit-transfer/ppap

プログレスについて
プログレス(NASDAQ:PRGS)は、インパクトが大きいビジネスアプリケーションを開発、展開、管理するための先進的な製品を提供します。プログレスの包括的な製品スタックは、テクノロジー部門の生産性を高めるように設計されており、オープンソースコミュニティにも深く関わっています。プログレスの製品を使用することで、戦略的なビジネスアプリケーションの作成と配信を加速し、アプリの設定、展開、スケーリングのプロセスを自動化し、重要なデータとコンテンツをよりアクセスしやすく安全なものにすることができます。これは、競争力のある差別化とビジネスの成功につながります。1,700を超える独立系ソフトウェアベンダー、10万社以上の企業顧客、および300万人強の開発者コミュニティーが、プログレス製品を使用してアプリケーションを強化しています。詳細については、ホームページ www.progress.com をご覧ください。
日本語サイト: https://www.ipswitch.com/jp

【お客様からのお問い合わせ先】
プログレス・ソフトウェア・ジャパン株式会社
e-mail:sales_japan-ipswitch@progress.com

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
プログレス・ソフトウェア・ジャパン株式会社
高田美奈
e-mail:sales_japan-ipswitch@progress.com



配信元企業:プログレス・ソフトウェア・ジャパン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング