「パーフルオロエラストマー(FFKM)のグローバル販売市場 2020年の世界市場:種類別(Oリング、ガスケット、シール、その他)、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

DreamNews / 2021年2月15日 17時30分

写真

2021年2月15日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「パーフルオロエラストマー(FFKM)のグローバル販売市場 2020年の世界市場」調査資料の販売を2021年2月15日に開始いたしました。パーフルオロエラストマー(FFKM)の市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:パーフルオロエラストマー(FFKM)のグローバル販売市場 2020年
■英文タイトル:Global Perfluoroelastomer (FFKM) Sales Market Report 2020
■発刊日:2021年1月26日
■出版社:QYResearch(QYリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
QYリサーチ社の本調査レポートでは、世界のパーフルオロエラストマー(FFKM)市場について種類別(Oリング、ガスケット、シール、その他)、用途別(石油・化学産業、航空宇宙産業、電子産業、その他)、地域別(米国、ヨーロッパ、中国、日本、東南アジア、インド)に区分して調査し、纏めました。2015年~2026年までの市場規模予測、主要プレイヤーの競争状況・市場シェア・企業情報、製造コスト分析、販売チャネル・流通業者・顧客情報、市場動向・機会・課題などのマーケットデータが記載されています。市場予測データは新型コロナウイルスの影響を反映させました。
・パーフルオロエラストマー(FFKM)市場の概要
・世界の主要地域別パーフルオロエラストマー(FFKM)市場規模2015-2026
・主要プレイヤーの競争状況・市場シェア
・世界のパーフルオロエラストマー(FFKM)市場規模2015-2026:種類別(Oリング、ガスケット、シール、その他)
・世界のパーフルオロエラストマー(FFKM)市場規模2015-2026:用途別(石油・化学産業、航空宇宙産業、電子産業、その他)
・パーフルオロエラストマー(FFKM)の米国市場規模2015-2020
・パーフルオロエラストマー(FFKM)のヨーロッパ市場規模2015-2020
・パーフルオロエラストマー(FFKM)の中国市場規模2015-2020
・パーフルオロエラストマー(FFKM)の日本市場規模2015-2020
・パーフルオロエラストマー(FFKM)の東南アジア市場規模2015-2020
・パーフルオロエラストマー(FFKM)のインド市場規模2015-2020
・主要プレイヤーの企業情報:事業概要・売上・企業動向
・パーフルオロエラストマー(FFKM)の製造コスト分析
・販売チャネル、流通業者、顧客
・パーフルオロエラストマー(FFKM)の市場動向・機会・課題
・調査の結論

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/MRC2102QY10522-Global-Perfluoroelastomer-FFKM-Sales-Market/

■調査会社QYResearch社(QYリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/qyresearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはQYResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearch.co.jp
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000231053&id=bodyimage1



配信元企業:株式会社マーケットリサーチセンター
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング