ジンコソーラーTiger Pro解析|システム経済性と安全性の完璧な融合

DreamNews / 2021年2月18日 17時0分

写真

2月8日、ジンコソーラーはインド国内最大の2つのEPC社とTiger Proシリーズ高効率モジュールプロジェクトについて契約を締結したと発表した。合計約500 MWの同プロジェクトは、2020年ジンコソーラーはインドで出荷量首位に躍り出た後の最大プロジェクトである。Tiger Proシリーズモジュールは、高発電効率、優れたシステム互換性、便利なインストール方式、低コストによって、顧客からの認可を得た。

いまの国際市場では、大型地上太陽光発電所が主流で、追尾式架台への注目度も高まっている、それは太陽光発電システムにおいて、追尾式架台のコストが高いためで、太陽光発電システムのコストはBOSコストと密接に関連している。関するデータによると、追尾式架台のコストはBOSコストの中で19%占める。

追尾式架台の駆動力と構造のため、追尾式架台の長さが限られている。182mmのTiger Proシリーズモジュールはサイズと性能の優位性が発揮されるため、発電量の最大化を実現した。追尾式架台の長さを利用し、架台の単位当たりのコストが低減される。

また、発電量もLCOEに影響を与える大切な要素である。同じケーブルを使うと、モジュールの電流値が大きいほど、線路の電力損失が大きいである。線路損失を減らすために太いケーブルを使うと、コストが高くなる。しかし182mmモジュールは電流保護をアップグレードし、装置コストを増やす必要がない。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000231512&id=bodyimage1

ジンコソーラーCEOの陳康平氏は「業界他の製品と比べて、182mmモジュールは追尾式架台のコストの面では最良の選択だと思っています。ジンコソーラーを支えている顧客から高い認可を受けました、弊社は着実に182mmのTiger Proシリーズモジュールの世界市場の展開を進めています。」と述べた。


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2020年9月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、生産能力につきまして、シリコンインウエハーが20GW、太陽電池が11GW、太陽光発電モジュールが25GWに達している。

ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナム、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、ヨルダン、ウジアラビア、チュニジア、モロッコ、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマ、カザフスタン、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、タイ、ポーランドとアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用している。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ: http://www.jinkosolar.com



配信元企業:Jinko Solar株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング