IDTechExは、『抗菌技術』について、深く掘り下げた最新の調査レポートの販売を開始しました。

DreamNews / 2021年2月26日 9時30分

写真

2021年2月26日
アイディーテックエックス株式会社

IDTechEx(先進技術調査会社: 本社英国 ケンブリッジ)は、『抗菌技術市場 2021-2031年』と題した調査レポートを発行し、2021年2月15日より、日本法人のアイディーテックエックス株式会社(東京都千代田区)からの販売を開始しました。

◆ 調査レポート日本語タイトル: 「抗菌技術市場 2021-2031年」
◆ 正式タイトル(英語): Antimicrobial Technology Market 2021-2031
◆ 発行元: IDTechEx(先進技術調査会社: 本社英国 ケンブリッジ)
◆ ページ数: 207
◆ 無料サンプルページ あり
◆ ウエブサイト
https://www.idtechex.com/ja/research-report/antimicrobial-technology-market-2021-2031/798

抗菌技術は新型コロナウイルスの感染拡大により一挙に注目を浴びることとなり、全世界数十億の人々に対し、汚染された表面からの保護を提供しています。これらの製品の背後にある技術や作用メカニズムは、この市場動向に注目する企業にとって考慮すべき重要な点となっています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000231844&id=bodyimage1

【本レポートでカバーしている内容】
このレポートでは、主要な抗菌技術について深く掘り下げています。各抗菌技術の作用メカニズムを説明し、抗菌技術の商品化を行っている各企業の有効性の主張を比較しています。主要プレイヤーと新興プレイヤー両方の概要を、一次取材を含め、本レポートに記載しています。

●本レポートで取り上げる技術:
-銀(塩化銀、銀ゼオライト、銀ナノ粒子など)
-銅(酸化銅、銅ナノ粒子など)
-亜鉛(酸化亜鉛、ジンクピリチオンなど)
-シラン四級アンモニウム化合物
-二酸化チタン

また、新しい材料、従来の殺菌剤を安定化・限局化する革新的な方法、表面パターン形成技術などの生体模倣技術、酵素、ペプチド、染料のような天然由来の抗菌剤など、商業化済み、または開発中の10の技術をさらに取り上げています。IDTechExでは、抗菌技術・製品を積極的に開発している100社を超える企業を特定しており、この中には、この分野に専門特化した企業が60社以上あります。市場の規模、見通し、予測、および新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる影響に関する考察も本レポートに記載しています。

【当調査レポートの目次】
https://www.idtechex.com/ja/research-report/antimicrobial-technology-market-2021-2031/798

IDTechExの調査レポートは、アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が、販売しています。

【本件に関するお問合せは、下記まで】
アイディーテックエックス株式会社
100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
URL: https://www.idtechex.com/ja
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209





配信元企業:アイディーテックエックス株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング