1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「アーバンエアモビリティ(都市型航空交通)の世界市場:2030年に至るプラットフォーム別、エンドユーザー別予測」リサーチ最新版刊行

DreamNews / 2021年4月7日 13時0分

写真

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「アーバンエアモビリティ(都市型航空交通)の世界市場:2030年に至るプラットフォーム別、エンドユーザー別予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
アーバンエアモビリティ(都市型航空交通)の世界市場規模は、今後2030年には91億ドルに成長すると予測されます。2020年段階の同市場規模は26億ドルとみられます。
レポートはアーバンエアモビリティの世界市場について2030年までの市場予測データ(金額US$)を掲載しています。また市場をさまざまな切り口で細分化し、そのセグメント市場ごとの市場予測を中心に構成されています。当レポートでの各種セグメント市場の区分および項目は、コンポーネント別市場(インフラストラクチャソリューション各種、プラットフォーム各種)、プラットフォームアーキテクチャ別市場(回転翼、固定翼ハイブリッド)、飛行距離別市場(都市間、都市内)、プラットフォームオペレーション別市場(操縦型、自律型)、システム別無人プラットフォーム市場(航空構造体、アビオニクス各種、推進システム各種、電気システム各種、ソフトウェア)、エンドユーザー別市場(ライドシェアリング企業、定期運航企業、eコマース企業、病院/医療機関、プライベートオペレーター)および主要国地域別市場、などとなっています。また競合状況、主要企業情報(30社)、COVID-19の影響、エコシステム分析などの分析情報も加味し、アーバンエアモビリティ市場の今後成長性および動向を詳細にレポートしています。

【英文市場調査レポート】
アーバンエアモビリティ(都市型航空交通)の世界市場:2030年に至るプラットフォーム別、エンドユーザー別予測
Urban Air Mobility Market by Component (Infrastructure, Platform), Platform Operation (Piloted, Autonomous), Range (Intercity, Intracity), Platform Architecture, Unmanned Platform Systems, End User and Region - Global Forecast to 2030
http://researchstation.jp/report/MAM/23/Urban_Air_Mobility_2030_MAM2328.html

【レポート構成概要】
◆アーバンエアモビリティの世界市場予測2017-2030年
・市場規模(US$)

◆コンポーネント別、市場-2030年
インフラストラクチャソリューション
・充電ステーション
・垂直離着陸用飛行場
・航空交通管理施設
・メンテナンス施設

プラットフォーム
・エアタクシー
・エアシャトル/エアメトロ
・パーソナルエアビークル
・貨物エアビークル
・ラストマイル配送
・救急輸送機/医療緊急ビークル
※(市場規模US$)

◆プラットフォームアーキテクチャ別、市場-2030年
・回転翼
・固定翼ハイブリッド
※(市場規模US$)

◆飛行距離別、市場-2030年
・都市間(100km-400km)
・都市内(20km-100km)
※(市場規模US$)

◆プラットフォームオペレーション別、市場-2030年
・操縦型
・自律型
※(市場規模US$)

◆無人プラットフォーム市場、システム別-2030年
航空構造体

アビオニクス
・飛行制御システム
・ナビゲーションシステム
・通信システム
・センサ
-スピードセンサ
-光センサ
-近接センサ
-位置センサ
-温度センサ

推進システム
・電気電池
・太陽電池
・燃料電池
・ハイブリッド電気

電気システム
・発電機
・モータ
・電動アクチュエータ
・電動ポンプ
・配電装置

ソフトウェア
※(市場規模US$)

◆エンドユーザー別、市場-2030年
・ライドシェアリング企業
・定期運航企業
・eコマース企業
・病院/医療機関
・プライベートオペレーター
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2030年
北米
・米国、カナダ
欧州
・英国、ドイツ、フランス、スイス
・ベルギー、ブルガリア、エストニア
・フィンランド、ポーランド、オランダ
アジア太平洋
・日本、オーストラリア、インド、ニュージーランド
・シンガポール、中国、韓国
中東
・UAE
中南米
・ブラジル、メキシコ
※地域別に各種セグメント別の細分化データ掲載、詳細は目次参照
※国別にコンポーネント大分類別、飛行範囲別、プラットフォームオペレーション別の細分化データ掲載(UAE除く)

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・COVID-19の影響
・エコシステム分析
・バリューチェーン分析
・事例研究分析
・販売価格分析
・市場シェア分析
・競合状況

◆アーバンエアモビリティの主要企業プロフィール動向
・WISK AERO
・LILIUM
・VOLOCOPTER
・BYE AEROSPACE
・AMSL AERO
・JAUNT AIR MOBILITY
・JOBY AVIATION
・WINGCOPTER
・ARCHER AVIATION
・LOCKHEED MARTIN
・AIRSPACEX
・NEVA AEROSPACE
・OPENER
・PIPISTREL
・OVERAIR (FORMERLY KAREM AIRCRAFT)
・EHANG
・KITTY HAWK
・AUTOFLIGHTX
・SKYPORTS
・VERDEGO AERO
・SKYPORTZ
・HYUNDAI MOTORS
・BELL
・AIRBUS (ACUBED)
・WORKHORSE GROUP
・TRANSCEND AIR
・MOLLER INTERNATIONAL
・TREK AEROSPACE
・BARTINI AERO
・AIRIS AEROSPACE

(全239頁)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000234389&id=bodyimage1

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/23/Urban_Air_Mobility_2030_MAM2328.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2021年3月22日

★関連レポート
「ドローン配送の世界市場:ソリューション別、配送距離/時間別、2030年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/17/Drone_Package_Delivery_2030_MAM1765.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL: http://researchstation.jp/index.html



配信元企業:リサーチステーション合同会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング