1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

東海東京ビジネスサービス株式会社、基幹業務システムに「ZAC」を採用

DreamNews / 2021年7月1日 15時0分

写真

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000239579&id=bodyimage1

株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田篤、以下オロ)は、東海東京ビジネスサービス株式会社(東京都中央区 代表取締役社長 竹本通明、以下東海東京ビジネスサービス)がオロのクラウドERP「ZAC」を基幹業務システムとして採用したことを本日発表いたします。

東海東京ビジネスサービスは、東海東京フィナンシャル・グループ各社のバックオフィス業務を引き受けています。証券業務に関する事務処理などの業務代行をはじめ、システムの提案・保守管理を行っており、「DX銘柄2021」に選定されているグループ全体のデジタル戦略を支えています。

■「ZAC」導入の背景
同社はExcel・紙帳票で業務管理を行っていましたが、見積管理をはじめとする業務負荷が大きくなっていたことから、システム導入による業務効率化を目指して基幹業務システムの選定を開始しました。ZAC導入により基幹業務管理における脱Excel・ワークフローの電子化を実現し、業務効率化と内部統制の強化を図ります。また販売管理・購買管理のシステム化により、請求日・支払日が近い案件がアラート通知されるようになったため、業務管理の抜け漏れを防げる体制を構築できています。加えて、ZACから売上推移・原価明細などの経営管理帳票がワンクリックで出力できるようになり、これまでExcelファイルを集計・加工していたレポーティングの手間も大幅に削減されています。

■「ZAC」の導入にあたって評価されたポイント
1.基幹業務のシステム化による業務効率化が見込まれる点
2.請求・支払など必要な業務処理がZACからアラート通知される点
3.経営管理帳票がZACから出力可能になり、レポーティングの手間が削減される点


------------------------------------------------------
【ZACについて】
https://www.oro.com/zac/

【ZAC導入事例インタビュー】
https://www.oro.com/zac/casestudy/
-------------------------------------------------------


オロは今後もBPO業での実績拡大を推進し、より多くの企業の生産性向上に貢献してまいります。

■業務管理の「脱Excel」のポイントとは?
テレワーク中、Excelでの業務管理に不便さを感じる機会が増えていませんか?
Excelに依存した業務管理から抜け出し、業務を効率化するための考え方を資料にまとめましたので
ご興味がありましたら下記リンクよりご覧ください。
https://zac.go.oro.com/form/wp-excel-for-sharing-2021-03

【『クラウドERP ZAC』に関するお問い合わせ先】
株式会社オロ マーケティンググループ 担当:武田
TEL:03-5843-0653 / Mail:zac@jp.oro.com

【報道に関するお問い合わせ先】
株式会社オロ 広報担当 齊藤・橋口
TEL:03-5843-0836(直通)/ Mail:info@jp.oro.com



配信元企業:株式会社オロ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング