1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

アップセルテクノロジィーズ株式会社、基幹業務システムに「ZAC」を採用

DreamNews / 2021年7月8日 9時0分

写真

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000239937&id=bodyimage1

株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田篤、以下オロ)は、アップセルテクノロジィーズ株式会社(東京都豊島区 代表取締役社長 高橋良太、以下アップセルテクノロジィーズ)がオロのクラウドERP「ZAC」を基幹業務システムとして採用したことを本日発表いたします。

アップセルテクノロジィーズ株式会社は、BtoB、BtoC問わず、あらゆる業界のコールセンター代行サービス「RYO-CALL」を展開するグローバルインサイドセールスカンパニーです。そのほかにも、AIチャットサービス「RYO-TALK」、顧客データを診断し、スクリプトの自動生成から将来収益・運用状況を計測できる独自のAIシミュレーター「RYO-DATA」といったクライアントの利益を最大化するための多彩なサービスを展開しています。

同社では、Excelをベースにした管理から脱却し、管理・集計の効率化を図るためにシステム導入を検討していました。また今後を見据え、内部統制の強化を行いたいと考えていました。選定にあたっては上記の課題解決のほか、ひとつの案件内で複数回売上計上を行うことができる「複数売上機能」が評価されました。

ZACの導入により、販売・購買情報を一元管理が実現します。一度データを入力すれば転記の手間なく、次のプロセスにデータ活用することができるため、業務を効率化します。複数売上機能では、最初の売上計上予定月、単月分の売上計上額をコピーし、後の月の売上予定日に活用することができます。複数回売上計上が必要なケースにおいても入力の負荷を軽減します。そのほか、標準機能で搭載されている電子申請・承認機能により内部統制の強化を支援します。

■「ZAC」の導入にあたり、下記の点が評価されました。
1.販売・購買業務の管理・集計の効率化
2.複数売上機能により、1案件に対して複数回の売上計上がスムーズにできる
3.電子申請・承認機能による内部統制の強化

オロは今後もBPOでの実績拡大を推進し、より多くの企業の生産性向上に貢献してまいります。

【ZACについて】
https://www.oro.com/zac/

【ZAC導入事例インタビュー】
https://www.oro.com/zac/casestudy/index.html

<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社オロ マーケティンググループ 担当:西村
TEL:03-5843-0653/Mail:zac@jp.oro.com



配信元企業:株式会社オロ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング