1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

Moxa、次世代産業用ファイアウォール「EtherFire IEF-G9010シリーズ」を発表

DreamNews / 2021年9月1日 14時0分

写真

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000242931&id=bodyimage1

台湾、台北、2021年9月1日 - 産業用通信およびネットワーキングのリーディングカンパニーであるMoxaは、次世代産業用ファイアウォール「EtherFire IEF-G9010シリーズ」4モデルを本日発表しました。産業用ネットワーク分野では、既存の産業オペレーションを維持したまま、OTネットワークをサイバー脅威から保護できるソリューションが求められています。MoxaのIEF-G9010シリーズは、詳細な行動監視とサイバーアクティビティを制御することで製造インフラのネットワークを強化し、OTネットワークにおける市場ニーズに対応します。

MoxaのIEF-G9010シリーズは、ネットワーク全体を小さな複数のネットワークに分割するネットワークセグメンテーション用のコンパクトな産業用ファイアウォールです。ネットワークをセグメント化することで、攻撃の対象となるネットワークの範囲を縮小し、管理の容易化やきめ細かなアクセス制御によってミッションクリティカルな資産を保護します。またIEF-G9010シリーズは、アプリケーションの要件に基づいて産業用プロトコルをフィルタリングし、ユーザーがネットワークトラフィックをよりきめ細かに制御できる、高度なディープパケットインスペクション(Deep Packet Inspection、DPI)技術を採用しています。これにより、重要なコントローラに対して制御システムトラフィックのきめ細かいコマンドを提供する、産業用プロトコル認識機能を提供します。

IEF-G9010シリーズは、動作温度範囲とパターンファイル(ウィルス定義ファイル)更新ライセンスの異なる4モデル「IEF-G9010-2MGSFP-Pro」「同Pro-T」「同Pro-H」「同Pro-H-T」が取り揃えられています。動作温度範囲は、ProとPro-Hが-10~60°CでPro-TとPro-H-Tが-40~75°Cです。またProとPro-Tには、1年間のパターンファイル更新ライセンスが付属しています。

◆SDCとの併用によってOTネットワークの可視性を向上
IEF-G9010シリーズは、ネットワークトラフィックの監視を通じてOTシステムの状態をリアルタイムで把握でき、現在の資産と接続の状況が確認可能となります。また同製品は、Moxaのセキュリティ管理プラットフォーム「SDC(Security Dashboard Console)」ソフトウェアと併用することで、すべての侵入防止システムを効果的に一括管理・監視できます。さらには、デバイスの監視、ポリシー、ファームウェア、パターンファイルの更新も簡単に実行できます。IEF-G9010シリーズは、SDCと組み合わせて使用することで、重要資産の一元的な可視化、ネットワーク解析、パターンファイルの自動更新など、より一層の保護機能を提供します。

◆監視と保護の2つのモードでサイバー脅威を防止
IEF-G9010シリーズは、さまざまなOTシナリオに合わせて「監視」と「保護」の2つのモードを使い分けることができます。監視モードでは、管理者はサイバー脅威の活動を完全に可視化することができます。緊急時には、管理者が簡単に「保護」モードに切り替えられ、悪意のある操作をブロックして封じ込めることができます。

◆仮想パッチの適用とインテリジェントな脅威保護
頻繁にパッチ適用することで、システムがサイバー脅威にさらされる脆弱性は、大幅に低減できます。しかしながらOTアプリケーションは、パッチ適用のたびにシステムをシャットダウンして運用を中断する余裕がありません。このためOTの現場では、パッチ適用が大きな課題となっています。Moxaの仮想パッチ適用テクノロジーは、既知および未公開の脆弱性を狙う攻撃パケットを検知し遮断することで、既存のパッチ管理プロセスを補完します。IEF-G9010シリーズは最新の脅威情報を使用して、脅威に対して先進的な保護を提供し、システムを保護します。

◆Moxaの産業用ネットワークセキュリティについて
Moxaは産業用環境のコネクティビティ保護に取り組んでおり、セキュアルータやEthernetスイッチをはじめとするセキュリティを強化したネットワーキング・デバイスの開発に注力しています。さらにMoxaは、産業用ネットワークに対するサイバー脅威の高まりを受け、産業用サイバーセキュリティ・ソリューションによってネットワークセキュリティ製品のポートフォリオを拡充しました。このソリューションは、当社のテクノロジー・パートナーであるTXOne Networksと共同開発したものです。TXOne NetworksはMoxaとトレンドマイクロによる合弁会社であり、MoxaのOT分野の経験とトレンドマイクロのIT分野の経験を結集し、先進的なテクノロジーの構築に活かすことで、産業分野におけるセキュアなオートメーション・アーキテクチャーを実現します。

詳細については、EtherFire IEF-G9010シリーズの製品ページご覧ください。
https://www.moxa.com/jp/products/industrial-network-infrastructure/network-security-appliance/ief-g9010-series

Moxaの産業用セキュリティソリューションについては、ウェブサイトをご覧ください。
https://www.moxa.com/jp/Security


Moxaについて
Moxaは、産業用IoT(Industrial Internet of Things, IIoT)を実現可能にするエッジコネクティビティ、産業用コンピューティング、ネットワーク・インフラ・ソリューションのリーディングプロバイダです。業界における30年以上の経験から、全世界中にて6,500万以上ものデバイスを接続し、80ヶ国以上のお客様へのサービスネットワークを持ちます。産業用通信インフラに信頼性の高いネットワークと誠実なサービスを提供することで持続的なビジネス価値をお届けします。Moxa製品に関する情報は、Moxa企業サイト( https://www.moxa.com/jp/)をご参照ください。



配信元企業:Moxa Inc.
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング