1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「ノベルズ チャレンジ基金2021」(第2期)採択者を決定、スピードスケート、陸上、ロードレース、パラスポーツ、音楽活動などを採択 ~十勝を拠点に広く活動するスポーツ、芸術文化活動を応援!

DreamNews / 2021年8月31日 18時0分

写真

北海道最大規模の畜産企業、ノベルズグループの中核企業である株式会社ノベルズ(本社:北海道河東郡上士幌町、代表取締役社長:延與 雄一郎)は、昨年創設した十勝地域のスポーツ、芸術文化活動の振興支援を目的とした「ノベルズ チャレンジ基金」について、第2期目となる2021年度の公募を、6月1日から7月9日まで実施いたしました。計22件の応募に対して、8月上旬にかけて書類選考、および面接選考を行った結果、計11組の活動に対する採択と支援基金の給付が決定し、8月31日に発表を行いましたので、お知らせいたします。

なお、今回「にっぽんチャレンジ」「ほっかいどうチャレンジ」「とかちチャレンジ」の3部門のうち、「にっぽんチャレンジ」の該当者、採択はありませんでした。また、今回3部門のほかに特別支援枠として、「NEXTチャレンジ」および「奨励賞」を新設し、採択を行いました。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000243107&id=bodyimage1


■にっぽんチャレンジ(助成金:100万円) 採択者:該当者なし
十勝に拠点があり、日本のスポーツ・文化振興活動であること。主な活動範囲が全国、海外。
国内外のイベントや大会に広く参加し、成果を残しているまたは活動内容を発表している。


■ほっかいどうチャレンジ(助成金:50万円) 採択者:1組
十勝に拠点があり、北海道のスポーツ・文化振興活動であること。主な活動範囲が道内全域。
道内全域でイベントや大会に参加し、成果を残しているまたは活動内容を発表している。

時安清貴(ときやす きよたか)さん【スピードスケート/18歳・帯広市】

〈主な実績〉
・全国高等学校スケート競技選手権大会(2021)1000m 優勝
・全国高等学校スケート競技会(2021)1000m 優勝


■とかちチャレンジ(助成金:25万円) 採択者:5組
十勝に拠点があり、十勝のスポーツ・文化振興活動であること。主な活動範囲が十勝管内。

山崎心愛(やまざき ここあ)さん【陸上/13歳・音更町】

〈主な実績〉
・北海道小学生陸上競技会 100m 3位(2019-20)
・全十勝中学校陸上競技大会 100m 優勝(2021)

桑原駆(くわばら かける)さん【ロードレース/17歳・帯広市】

〈主な実績〉
・十勝ロードレースシリーズ年間チャンピオン(2020)

宮本哲朗(みやもと てつろう)さん【陸上ほか/12歳・帯広市】

〈主な実績〉
・北海道小学生陸上競技会 100m小学3年 優勝(2019)全道新
・北海道小学生陸上競技会 100m小学4年 優勝(2020)大会新
・全十勝小中学校スピードスケート選手権 小学4年 優勝

菅原瑞生(すがわら みずき)さん【スピードスケート/13歳・鹿追町】

〈主な実績〉
・日本スケート連盟ノービス強化選手(2019-20)
・全十勝ジュニアスピードスケート選手権 総合1位(2021)
・第43回北海道スポーツ少年団スピードスケート競技会大会 小学男子1位(2021)

笠原光太朗(かさはら こうたろう)さん【スピードスケート/17歳・帯広市】

〈主な実績〉
・全国選抜高校競技会(2021)5000m 優勝


■NEXTチャレンジ 採択者:3組
過去の採択者の新たなチャレンジ活動に対する継続支援。

榛沢力(はんざわ ちから)さん【アイスホッケー/20歳・清水町】

〈主な実績〉
・全国高等学校アイスホッケー競技選手権大会 3位 (2018)
(北海道清水高等学校1年時)
・オリンピック強化指定選手(2020-21)
・NCAA(全米大学体育協会)アイスホッケー1部所属大学内定(2021)

(助成金:50万円)

近藤真衣(こんどう まい)さん【アイスホッケー/29歳・帯広市】

〈主な実績〉
・アイスホッケー日本女子代表候補選手
・平昌オリンピック 日本代表(2018)

(助成金:25万円)

合歓垣想太(ねむがき そうた)さん【スノーボード アルペン/13歳・帯広市】

〈主な実績〉
・SAJ北海道ジュニア技術選手権 優勝(2020)
・SAJ北海道選手権 優勝(2020)※北海道強化指定選手
・サムライジュニアカップ東北シリーズ 2位(2021)

(助成金:25万円)


■奨励賞(助成金:10万円) 採択者:2組
活動内容の意義に共感し、今回特別に支援するもの。

NPO法人みんなのポラリス【帯広市】

〈主な実績〉
・パラスポーツ(ボッチャ)の啓発・普及と障害者理解の促進

広陽リコーダーアンサンブルクラブ【帯広市】

〈主な実績〉
・「第42回全日本リコーダーコンテスト」(2021年)金賞 (重奏部門・合奏部門)


「ノベルズ チャレンジ基金」について
「ノベルズ チャレンジ基金」は、農業ベンチャーとして当社事業活動の原動力となっている挑戦を続ける姿勢や、当社が目指している地域共生による地域の価値向上を背景に企画されました。十勝管内を拠点に、スポーツおよび芸術文化(美術・音楽・映像・舞踊・文学・演劇など)活動において将来を担う次世代の育成、地域振興活動に取り組む団体、次世代の選手、アーティストの挑戦的な活動、新たな試みに対して助成するものです。「農業で世界中に驚きと笑顔を」を企業理念に掲げるノベルズグループでは、今後も事業活動や、スポーツ・文化振興活動を通じて、笑顔が溢れるまちづくりに広く寄与してまいりたいと考えております。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000243107&id=bodyimage3



〈助成対象〉
十勝に拠点を置く、スポーツ・文化活動の振興団体、育成団体、競技者、アーティスト個人

(1)スポーツ
野球・サッカー・スケート等、各種スポーツの振興・育成団体(組織)及び競技者個人

(2)芸術文化
音楽(楽器演奏、歌唱等各種音楽の振興・育成団体・組織及び個人活動家(ジャンル問わず)、美術(絵画・彫刻)、映像、写真、演劇、舞踊、工芸、陶芸、建築、茶道、華道、アニメーション、マンガなどの振興・育成団体(組織)及びアーティスト個人

〈年齢制限〉
・団体・組織エントリー(20代までを対象とした育成活動及び同年代が所属する団体・組織、団体・組織代表の年齢制限はなし)
・個人活動エントリー(30代まで)

「ノベルズ チャレンジ基金」ウェブサイト
https://nobels.co.jp/challenge/


ノベルズグループについて
ノベルズグループは畜産業界に新たなイノベーションを起こすべく、 2006 年に設立した農業ベンチャーです。北海道・十勝地方を拠点に肉牛・酪農・食品事業を展開し、道内で10箇所、山形県で1箇所の牧場を経営、現在3万頭以上の牛を飼養しています。肉牛事業では、先進的な生産モデル「交雑種1産取り肥育」の事業化により、和牛子牛と交雑肥育雌牛(自社ブランド:十勝ハーブ牛)の効率的な生産体制を確立。2016年より和牛の肥育事業も開始し、「第33回横浜食肉市場ミートフェア(和牛の部)」(2021年7月16日)では、グループ出品牛が第1位の名誉賞を獲得しました。2011年に進出した酪農事業においても出荷乳量が年間5万トンを超え、北海道最大、日本有数の事業規模へと成長。持続可能な農業の実現へ、和牛の受精卵研究、生産や ICT 活用を通じて生産性を追求するほか、耕築連携による循環型農業に取り組んでいます。今春には、これまでの畜産事業経営のノウハウを活用し、各種サービス事業(畜舎建設サービス/バイオガスプラント建設・農業機械の販売・メインテナンスサービス/和牛体外受精卵の販売・移植サービス)を立ち上げるなど、新たな成長へチャレンジを続けています。
グループ売上:264億円(2020年12月期)

ノベルズグループ ウェブサイト
https://nobels.co.jp/




本件に関するお問い合わせ先

「ノベルズ チャレンジ基金」事務局
株式会社ノベルズ 広報室
〒080-0013 北海道帯広市西3条南9丁目23 帯広経済センタービル西館7F
TEL:0155-22-2918 FAX:0155-22-2900
E-mail:pr@nobelsgroup.com



配信元企業:株式会社ノベルズ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング