1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

リフォーム産業フェア2021in東京に 「CAREECON for WORK 施工管理」を出展しました

DreamNews / 2021年9月28日 10時0分

写真

建設業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)に貢献するBRANU株式会社(本社:東京都港区 / 代表取締役CEO:名富達哉 / 以下ブラニュー)は、2021年9月15日(水)、16日(木)の2日間にわたってパシフィコ横浜で開催された、リフォーム産業フェア2021in東京に、自社開発のクラウド施工管理ツール「CAREECON for WORK 施工管理(URL: https://work.careecon.jp/products/sekou)」を出展しました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000244689&id=bodyimage1

今回は「現場管理のデジタル化への第一歩」をテーマに、クラウド施工管理ツール「CAREECON for WORK 施工管理」の案件管理・写真ファイル管理・掲示板・工程表機能を実際の画面を見ながらブースを訪れた方にご説明。多くの方に現場情報の一元管理や共有をクラウド上で行うメリットをご理解いただきました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000244689&id=bodyimage2

ブース来場者の約43%はBtoC向けリフォーム会社などの建設関連事業者が占め、呼び込み時に伝えていた現場管理に関する悩みに共感して立ち止まっていただいた方もいましたが、「施工管理ツールを比較検討している」という方も多く、現場管理のデジタル化への関心の高さを改めて実感しました。

また、会場のセミナーブースでは元施工管理者である、当社の開発ディレクターが登壇。施工管理業務の実態とデジタル化を阻む障害をどうやって解消していくかをまとめた「現場管理ツールを社内定着させる3つのコツ」について講演し、多くの方にご参加いただきました。

ブラニューは、今回の出展で得られたご意見やご感想をもとに「CAREECON for WORK 施工管理」の提供価値を高め、現場管理業務の本質的な課題を解決するプロダクトへと改善してまいります。

■BRANU株式会社について
BRANU株式会社(ブラニュー)は、建設業の業務効率を向上させるクラウド型ワークマネジメントツール「CAREECON(キャリコン)」の開発を通じて、建設業界のDXを加速させるサービスを提供しています。

社名:BRANU株式会社
本社所在地:東京都港区六本木6-1-24 ラピロス六本木4F
設立:2009年8月18日
代表者:代表取締役CEO 名富達哉
資本金 :7,103万円
事業内容:建設業向けデジタルトランスフォーメーション事業
URL: https://branu.jp/



配信元企業:BRANU株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング