1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【チグニッタ・スペース】 画家・山口一郎 原画展開催 "From big slope" 10月8日(金)よりスタート / 直感的な線画で魅了する人気作家がチグニッタ・スペースに初登場!

DreamNews / 2021年10月6日 10時0分

写真

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000245271&id=bodyimage1

チグニッタスペース(大阪市西区京町堀・株式会社チグニッタ運営)では、10月8日(金)より香川県在住の画家・山口一郎の個展「from big slope(フロム・ビッグ・スロープ)」を開催いたします。


山口一郎氏は、1990年代からマガジンハウス社の雑誌OLIVEやPOPEYEをはじめ数々の媒体や広告でイラストレータとして東京で活躍後、故郷静岡に戻り画家として絵を描くことに専念しました。現在は、香川県に拠点を移し、IDÉEや無印良品など全国各地で定期的に個展やコラボレーションを開催。また、雑誌「暮しの手帖」の目次の挿画も手掛けています。今回、画家の山口一郎さんと原画作品たちが、チグニッタ・スペースに初登場です。

chignitta spaceでの初個展となる本展では、あえてテーマを絞らずに花や鳥、動物などのびやかなラインドローイングから生まれる独創的なさまざまな表情を持つ原画作品30数点を展示販売します。「誰かのために、誰かが喜んでくれるために絵を描いている」と語る山口氏の作品からは一貫して心地良さ、清涼感、居心地の良い静寂、温かさが放たれています。インテリアや住居空間との親和性も高く、「暮らしのアート」として山口作品を自宅に迎え入れるファンも多くいらっしゃいます。


個展に寄せて by 山口一郎:
「画家という仕事についてから描いてきた 僕、山口一郎の いろいろな絵の展示です」


【山口一郎プロフィール】
画家。香川県在住。セツ・モードセミナー卒業後、イラストレーターとして雑誌広告の仕事に携わる。 現在は青山のDEE’S HALL、IDÉEなどで定期的に個展を開催し、海外のギャラリーでも展示会を行う。雑誌「暮しの手帖」では目次の挿画を担当中。インテリアとの親和性も高く、幅広い世代に支持されている。


山口一郎 個展 | from big slope

■会期:2021年10月8日(金) ~ 24日(日)
■時間:12:00 - 19:00 / 入場無料 / 定休 月曜日
■会場:chignitta space (チグニッタ・スペース)
■住所:大阪市西区京町堀 1-13-21高木ビル 1 階奥
■内容:原画作品30数点の展示販売
■作品についてのお問合せも受け付けております: info@chignitta.com
■個展公式サイト:  https://chignitta.com/archives/items/ichiroyamaguchi10082021

作家在廊予定:10月8日(金)・9日(土)
在廊中コンテンツ:
10月9日(土)午後3時頃より?「ライブペインティング」「作家と話すギャラリートーク」を予定しております。
インスタグラムで更新していきます。
https://www.instagram.com/chignitta/


■交通手段
御堂筋線・四ツ橋線 本町駅28番出口から北に徒歩5分
四ツ橋線 肥後橋駅7番出口から南に徒歩5分

■ご来場者様へのお願い
新型コロナウィルス感染症対策に伴い皆様に安心してご来場頂けるようスタッフの指示にご協力をお願いいたします。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000245271&id=bodyimage2



配信元企業:株式会社チグニッタ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング