1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

次世代自動車の技術革新と部品市場を調査・分析した「2021年版 次世代自動車における技術革新と部品の変化」が発刊

DreamNews / 2021年11月12日 12時0分

株式会社データリソース(東京都港区)は総合技研株式会社が出版した調査レポート「2021年版 次世代自動車における技術革新と部品の変化」の販売を2021年11月12日開始いたしました。

現在の自動車業界では、環境・安全・コストの3つの競争軸があり、とりわけパワートレインの電動化は、ハイブリッド車・電気自動車の市場拡大、ブレーキやステアリングにおいてセンサからの電気信号を利用したアクチュエータによる電動化・自動化、そして自動運転システムの実用化の流れによって、既存の部品業界へ与える影響がますます強いものとなろうとしています。

「2021年版 次世代自動車における技術革新と部品の変化」は、自動車のパワートレイン電動化とブレーキ・ステアリングにおける脱油圧・電動化・自動化に焦点を当て、これに伴う部品の変化の動向について、現状と今後の分析を試みています。

主な調査項目
I.パワートレインシステムにおける技術革新と部品の変化・2035年予測

1.ハイブリッド車の動向
2.電気自動車の動向
3.燃料電池車の動向
4.パワートレインの電動化にともない変化・追加される基幹部品の動向
5.補機類など周辺部品の変化
6.次世代エンジン開発動向
7.電気自動車により不要となるまたは影響を受ける主な部品の現状と納入マップ

II.ステアリング,ブレーキ,スロットル,カーエアコンシステムにおける技術革新と部品の変化・2035年予測

1.ステアリングの電動化・バイワイヤ化と部品の変化
2.ブレーキシステムの脱油圧・電動化・自動化と部品の変化
3.アクセルの電動化と部品の変化
4.パーキングブレーキシステムの電動化と部品の変化
5.カーエアコンシステムの電動化と部品の変化

III.自動運転システムの市場予測

1.自動運転システムの実用化に向けたロードマップ
2.自動運転システムの自動化レベル別市場規模予測
3.自動運転システムの要素技術と重点開発項目

調査対象先
カーメーカー全般
主要自動車部品メーカー
官公庁,各関連研究機関

調査対象品目
<システム>
HEV・PHV・EV・FCV用電動パワートレインシステム
ステアリング,フットブレーキ,パーキングブレーキ,アクセル(スロットル)
その他システム

<関連部品>
電動パワートレイン用部品
ブレーキ・ステアリング・パーキングブレーキ・アクセル系部品
その他

【このレポートについて】
2021年版 次世代自動車における技術革新と部品の変化
出版社:総合技研株式会社
出版年月:2021年11月12日
https://www.dri.co.jp/auto/report/sg/sgngnautopart.html

【総合技研株式会社について】
http://www.dri.co.jp/auto/report/sg/index.html


株式会社データリソースは総合技研株式会社の販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

【このプレスリリースに関するお問合せ】

総合技研株式会社 正規販売代理店

株式会社データリソース
〒107-0052
東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531   Eメール:office@dri.co.jp
HP: https://www.dri.co.jp

【メールマガジンのお申し込み】
https://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html



配信元企業:株式会社データリソース
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください