1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

より高効率・低劣化率 !ジンコソーラーは2022年N型TOPConのTiger Neoが生産能力10 GWを目標設定

DreamNews / 2021年11月26日 16時0分

2021年11月26日、ジンコソーラーはN 型 TOPCon(量産型トンネル酸化膜パッシベーションコンタクト)技術は次世代の主流技術としてTiger Neo太陽光パネルを製造し、2022年生産能力は10 GWに達する見込みである、と発表した。N 型 TOPCon技術によって製造した太陽光パネルは既に2020 年下半期に量産実現した。

182mm角のTiger Neoは、MBB(マルチバスバー技術)及びハーフカット技術を結合することによって、内部抵抗による損失を低減し、両面係数は85%を達成し、P型の両面係数より約5%-15%向上した、発電性能と発電効率も大幅に増えた。LIDとLeTIDが最適化されたため、ジンコソーラーTiger Neoは業界トップクラスの30年のリニア出力保証を提供する。初年度1%の年劣化率を保証し、30年後のリニア出力の劣化率は初年出力の87.40%より高い。またTiger Neo(N型TOPCon)の温度係数は - 0.30%/ ℃で、P型の温度係数-0.35%/ ℃より、極端環境と高温環境では耐久性が高い。

N型TOPCon技術は一体どのような経済的優位性を備えているでしょうか。

ジンコソーラーは量産達成の4つの182mm/210mmの主流製品を選んで比較した。それぞれは610 Wの182mm N型モジュールと、565 Wの182mm N型モジュール、660 Wの210mm P型モジュール、540 Wの182 mmP型モジュールであった。効率と両面係数において、N型モジュールは明らかな利点がある。正面短絡電流において、182mmのN型とP型の差は大きくないが、210mmモジュールの方がより高い。劣化率において、N型モジュールの初年度劣化が1%で、リニア出力の劣化が-0.4%であり、P型モジュールより優れている。

ジンコソーラーは2022年N型TOPCon技術によって製造した太陽光パネルは量産目標が10 GW達成と予測し、アプリケーション側のモジュール選定に対して技術の向上と高度化に有効する。

-------------------------------------------------------------------------------

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について:
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。2021年6月30日において、ジンコソーラーのシリコンウェーハの生産能力が約27GW、太陽電池が12GW、太陽光発電モジュールが31GW となりました。

ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナム、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、ヨルダン、ウジアラビア、チュニジア、モロッコ、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマ、カザフスタン、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、タイ、ポーランドとアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用している。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ: http://www.jinkosolar.com



配信元企業:Jinko Solar株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください