瑛太、絶妙フォローの新垣結衣に再び「好きです」

映画.com / 2017年10月21日 13時48分

写真

初日挨拶に立った新垣結衣と瑛太

 [映画.com ニュース] 新垣結衣と瑛太が主演した卓球映画「ミックス。」が10月21日、全国276スクリーンで公開された。主演2人をはじめ、共演の広末涼子、永野芽郁、佐野勇斗、田中美佐子、遠藤憲一、メガホンをとった石川淳一監督が、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでの舞台挨拶に立った。

 主演2人は、イベント参加やインタビューなど、宣伝活動に積極的に取り組んできた。新垣は、「ものすごく宣伝に力が入っていて。イベントもたくさんやらせていただいて。試写会に来てくださった皆さんに会いに行かせていただいたり、そういった機会が多かったのが嬉しかったです。感想を聞くことできたり、表情を見ることができた」と振り返る。

 一方の瑛太は、9月20日に行われた完成披露試写会で新垣のことを「大好き」と発言したことで、想定外の事態を招いたことに困惑した様子。「ガッキーのことを好きですと言ったらたたかれるし、大好きと言ってもたたかれる」とこぼし、作品を盛り上げようとしての発言がネット上で独り歩きしてしまったことにぼやいてみせた。そんななか、新垣は瑛太の気持ちを察したように、「マスコミの皆さん、宣伝ありがとうございます」と絶妙にフォロー。舞台挨拶終盤には、瑛太が「でもガッキーが好きです」と再告白するなど、最後まで客席を盛り上げ続けていた。

 映画は、元天才卓球少女・富田多満子(新垣)が、夢と家族を失い挫折した元プロボクサー・萩原久(瑛太)と男女混合ダブルス(ミックス)ペアを組み、全日本卓球選手権を目指して奮闘する姿を描いた。

映画.com

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング