「スーパーマリオブラザーズ」を「ミニオンズ」スタジオが映画化か?

映画.com / 2017年11月15日 15時11分

写真

開発・販売元である任天堂と契約間近

 [映画.com ニュース] 「怪盗グルーのミニオン大脱走」などで知られるイルミネーション・エンタテインメントが、世界中で愛されるファミコンゲーム「スーパーマリオブラザーズ」を長編アニメーションとして映画化する企画を進めていることが、米バラエティによってわかった。

 1985年にファミコン用ソフトとして発売された同ゲームは、配管工の兄弟マリオとルイージが、悪党クッパにさらわれたキノコ王国の姫ピーチを救い出すべく冒険を繰り広げるというもの。発売と同時に社会現象ともいえる空前の大ブームを巻き起こし、現在までにシリーズ累計で3億3000万本を超える驚異的な売り上げを記録している。

 同サイトによれば、現時点で正式なコメントは発表されていないものの、クリス・メレダンドリ率いるイルミネーションと親会社のユニバーサル・スタジオは、映画化に向けてゲームの開発・販売元である任天堂と契約間近だという。ちなみに同ゲームは、93年にボブ・ホスキンス主演で実写映画化(「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」)されたが、興行的に大失敗したことから、それ以降、任天堂はハリウッドの大手スタジオと映像化をめぐるライセンス契約を結ぶのに消極的だった。

 「ミニオンズ」「ペット」など大ヒット長編アニメーション映画を世に放ってきたイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオの最強タッグが、伝説のゲーム「スーパーマリオ」をどのような世界観の映画にしようとしているのか、期待が高まる。

映画.com

トピックスRSS

ランキング