「ガンバレルーヤ」よしこ、速水もこみちとの“キス”を熱望!?

映画.com / 2018年10月12日 14時0分

写真

胸キュンシーンも回想

 [映画.com ニュース]ゆきた志旗のシリーズ小説を映画化した「Bの戦場」が10月12日、京都国際映画祭2018で上映され、「ガンバレルーヤ」のよしことまひる、速水もこみち、脚本を手掛けた久馬歩、メガホンをとった並木道子監督がTジョイ京都での舞台挨拶に出席した。

 “絶世のブス”だが人の幸せを願ってやまないウェディングプランナー・香澄(よしこ)と、“意識高い系のブス専”として香澄を追い回すイケメン上司・久世(速水)の恋模様を描いた今作。女優デビュー&初主演を飾ったよしこは、登壇するなり「こんにちは、小雪です」「多部未華子です」と矢継ぎ早に顔芸を繰り出し、速水は「今日はボケないって聞いてたのに」と大笑いだ。

 よしこは、ラブストーリーで速水と共演したことに「話を聞いたときはむちゃくちゃ嬉しくて、夜寝れなくて。Googleでもこみちさんの写真をずっと探していた。(台本に)キスシーンがないか探しました」とキスを熱望した様子。実際に現場で対面した際を「優しくて、撮影中も『飼っている犬が、朝5時に起こしてくれるから目覚ましをかけない』など声かけてくださって、心和らぎました」と明かしたが、「緊張からか、撮影初日から顔にぶつぶつがすごいできた。前日にお仕事で、(プロレスの)毒霧を受けたので、それで悪化したのかも」と告白し場内を沸かせた。

 ぶっ飛んだ役どころを演じきった速水は、「みなさんと久しぶりに会って、僕が本来持っていたB専が取り戻せた」と笑みをこぼし、これによしこは「今日、会った瞬間に嬉しそうに両手を振ってくれて、『やっぱりB専だな』と思った」と応じる。一方で、速水は「よしこさんは素晴らしく素敵な方。セリフも多かったため、撮影の合間に練習をずっとされていた」といい、「その姿を見て、僕も監督もみんなも、よしこさんのために頑張ろうという気持ちになった。撮影を引っ張ってくださった」と、その姿勢に称賛を送っていた。

 また“バックハグ”や“顎クイ”など、胸キュンシーンも多かったが、速水は「顎クイはほとんどやったことがなくて。(よしこの)脂で手が滑って、何回かやり直した」と振り返る。続けて「僕も(恋敵役に扮した)大野拓朗くんも、カンカンですよ。あんなにいい感じのラブストーリーをやったのに、よしこさんはいろんなところで別の俳優さんが好きだと言う。あっちこっちいく」とぼやくと、よしこは「撮影から半年経ちましたし、ほかに好きな人ができたから……」と“いい女発言”で一同を笑わせた。

 さらに「心で演技しました」と胸を張ったよしこ。観客に「面白さを、1人あたり30人に広めてもらって。マルチ商法といいますか。ぜひ、この作品をハリウッドまで持っていきたい」と呼びかけていた。京都国際映画祭2018は、10月14日まで開催。

映画.com

トピックスRSS

ランキング