山崎育三郎&河北麻友子、「名探偵コナン」原作者からのイラストプレゼントに絶句

映画.com / 2019年3月14日 15時0分

写真

多くの英語セリフをこなした 山崎育三郎&河北麻友子

 [映画.com ニュース] 「名探偵コナン」劇場版シリーズ最新作「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」の公開アフレコイベントが3月14日、都内のスタジオで行われ、ゲスト声優を務める山崎育三郎と河北麻友子が出席。シリーズ初の海外が舞台で、2人が英語ゼリフを披露した。

 シンガポールを舞台に、コナン&怪盗キッド&京極真による三つ巴の戦いを描き出す。“シンガポールの名探偵”と呼ばれる犯罪行動心理学者レオン・ローを演じる山崎は、「セリフのほとんどが英語で、これはプレッシャー」とポツリ。高校時代に1年間の米留学を経験したが、やはり心配の種はつきなかったようで「英語の先生についてもらって、発音の練習をしてから収録に臨みました」と明かし、「シンガポールで身分の高い方はイギリス英語を使うと聞いたので、イギリス英語の先生に。しかし収録現場に行ったら(役は)アメリカ英語だとわかり、発音をなおされました」と苦笑していた。

 この日は、ずらりと並ぶ報道陣を目の前にアフレコ。レオンの秘書レイチェル・チェオング役の河北は「こんなにやりづらいこと、あります?」と顔をしかめ、山崎は「目の前に人がいるほうが気合が入ります。舞台と同じですから」と表情を輝かせるなど好対照だ。いざ本番に入るや、山崎はスラスラと英語セリフをこなし、そんな姿に河北は「(発音は)全く問題ないです、素晴らしい」「レオンの絵と山崎さんの声がぴったり!」と笑顔をはじけさせていた。

 アフレコ後には、コナンくんから2人へ、マーライオンをかたどった特大ケーキがプレゼント。しかし、そのクオリティには「マーライオン? シーサーでは?」(山崎)、「口から吹き出ているものがないからねえ」(河北)と“物言い”がつき、意気揚々と運んできたコナンくんは心なしか悲しそうだった。

 さらに2人へ、色紙がサプライズプレゼント。原作者・青山剛昌氏によるレオン&レイチェルの描き下ろしイラストで、これには山崎&河北も大喜びだ。感激のあまり絶句した山崎は「マーライオンよりも嬉しい」とため息を漏らし、河北も「自宅に飾りたい。マーライオンが薄れちゃいました」と言葉を重ねていた。

 「名探偵コナン 紺青の拳」は、4月12日から公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング