【国内映画ランキング】「ドラえもん」V3、「キャプテン・マーベル」2位、「プリキュア」3位、「君は月夜に光り輝く」5位発進

映画.com / 2019年3月18日 19時0分

写真

「ドラえもん」がV3! (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019

 [映画.com ニュース]3月16日~17日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。春休み作品が続々と公開される中、「映画ドラえもん のび太の月面探査記」が3週連続で首位を維持。週末2日間で動員36万9000人、興収4億3800万円をあげ、累計動員は175万人、興収は20億円を突破した。

 新作「キャプテン・マーベル」は初登場2位。マーベルコミックが生んだヒーローが結集する「アベンジャーズ」シリーズに連なる「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の一作で、初めて女性ヒーローが単独で主役となったアクションエンタテインメント。15日より全国753スクリーンで公開され、土日2日間で動員27万9000人、興収4億2700万円をあげた。これは昨年8月に公開され、最終興収13.2億円を記録したMCU作品「アントマン&ワスプ」の興収比132.6%の成績。公開3日間では興収6億円を突破しており、最終興収20億円以上が見込める好スタートとなった。

 3位には新作「映画プリキュアミラクルユニバース」がランクイン。劇場版シリーズの通算26作目となる。全国230スクリーンで公開され、週末2日間で動員22万1579人、興収2億4835万1400円をあげた。この成績は昨年、春の映画プリキュアシリーズで歴代最高のオープニングを記録した「映画プリキュアスーパースターズ!」(最終興収8.4億円)の興収比109.3%。最終興収10億円突破が期待できる春の映画プリキュア史上1位の好スタートを切った。

 新作では他に「君は月夜に光り輝く」が5位に初登場。電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜の同名デビュー小説を永野芽郁と北村匠海の主演、ヒット作「君の膵臓をたべたい」の月川翔監督のメガホンで映画化した青春純愛映画。15日より全国299スクリーンで公開され、土日2日間で動員11万8000人、興収1億4300万円をあげた。これは17年に公開され、最終興収35.2億円を記録した「君の膵臓をたべたい」の興収比56.7%の成績。まずは興収10億円超えが当面の目標となりそうだ。

 ギャグアニメの劇場版「えいがのおそ松さん」は7位にランクイン。劇場版シリーズ第7作「映画しまじろう しまじろうとうるるのヒーローランド」は圏外の11位スタートとなった。

 なお、大ヒット中の「翔んで埼玉」は4位で、累計動員は156万人、興収は20億円を突破した。「ボヘミアン・ラプソディ」は公開19週目に圏外に後退したが、累計動員は904万5749人、興収は125億0453万8480円を記録。これで17年に公開され、最終興収124億円を記録した「美女と野獣」を上回り、音楽・ミュージカル映画の日本歴代興収No.1となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング