阿部純子、日露合作映画「ソローキンの見た桜」出演を経て見つめ直した“今の自分”

映画.com / 2019年3月21日 13時0分

写真

“日露戦争時代のロミオとジュリエット”が展開 (C)2019「ソローキンの見た桜」製作委員会

 [映画.com ニュース]「孤狼の血」で鮮烈な印象を残した阿部純子は、主演最新作となった日露合作映画「ソローキンの見た桜」でのひと時を「なんて贅沢だったんだろう」と振り返る。1人2役、ロシア人俳優との芝居、そして初の時代劇――作品から多くの恩恵を授かった注目の女優は、着々と成長を遂げつつ、“今の自分”の立ち位置をしっかりと見つめ直していた。(取材・文/編集部、写真/間庭裕基)

 第1回日本放送文化大賞グランプリに輝いたラジオドラマ「松山ロシア人捕虜収容所外伝 ソローキンの見た桜」を実写化。日露戦争時代、日本にはロシア兵捕虜収容所が数多く設置され、なかでも愛媛県松山市には国内初の収容所が設けられた。本作は同所で運命的に出会ってしまった日本人看護師とロシア将校の2人を軸にしたストーリーが展開。ロサンゼルスシネマフェスティバル・オブ・ハリウッドで3冠を達成したSF作品「レミニセンティア」の井上雅貴監督がメガホンをとっている。

 阿部が挑んだのは、ヒロインのゆい、駆け出しTVディレクターとして現代を生きる桜子の2役。衣装&メイクスタッフのサポートによって、それぞれの役どころの心情を切り替えつつ撮影に臨めたようだが、クランクイン前、徹底的に作品への理解を深めようとした。「日露戦争の最中、そこに“生きていた人たちがいた”という事実をしっかり表現しようと思っていました」と話し、捕虜収容所に関する資料、日本兵、ロシア兵それぞれの視点から見た日記を熟読していたことを明かした。

 当時の日本は、世界から一流国として認められるべく「ハーグ条約」の遵守を意識し、ロシア兵に捕虜でありながら「外出自由」「アルコールの購入」を許可し、様々な便宜をかけていた。当時書かれた日記を読んだ阿部は「ロシアの方々が手厚く扱われるあまり、やることがなくなってしまう――それがそのまま文章として残っていたんです」という。「劇中で描かれているようなことが、事実だったんだと驚きました。(松山市にある)ロシア兵墓地にも行きましたが、とても綺麗に掃除がされていて、当時生きていた方々の思いが、今にもきちんと届いていることを実感しました」と振り返った。

 本作のキャッチコピーは“日露戦争時代のロミオとジュリエット”。ロシア人俳優との芝居については「ロシアの俳優の方々は劇団に所属されている方が多いそうです。演技の基礎、発声の仕方、そしてダンスもきちんと習得されていて、芝居に説得力がありました」と語りつつ、相手役のロデオン・ガリュチェンコとの共演に多くの刺激を受けていたことを告白した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング