「タクシードライバー」のロジックでブレッソン、ベルイマンを包みこんだ P・シュレイダー「魂のゆくえ」

映画.com / 2019年4月21日 19時0分

写真

ポール・シュレイダー監督とイーサン・ホーク

 「タクシードライバー」「レイジング・ブル」の脚本家として知られる、ポール・シュレイダーの監督作「魂のゆくえ」が公開された。イーサン・ホーク主演、信仰と資本主義社会の間で生きることに苦悩する牧師を描く人間ドラマだ。ベネチア国際映画祭でシュレイダーの最高傑作と評され、その後各国の映画祭で受賞、今年のアカデミー賞脚本賞にもノミネートされた話題作だ。シュレイダーが本作を語るインタビューを映画.comが入手した。

--今作は、あなたの過去の映画で探求してきたテーマの延長線上にあると思いますか?

 「はい。それに他の芸術家や場所から盗んだものを再構築し、再び新鮮なものに作り変えようと努力しています。ロベール・ブレッソンの『田舎司祭の日記』のキャラクター、イングマール・ベルイマンの「冬の光」の設定、タルコフスキーの空中浮遊シーン、カール・ドライヤーの『奇跡(1955)』のエンディング。その全てを『タクシードライバー』のロジックできつく包みこんだのです(笑)」

--「ポルノ、暴力的なテレビゲーム、地球温暖化。分かりますか? これが若い人たちが直面している問題なんです」というセリフがあります。

 「我々は自分たち自身が生み出したテクノロジーによって配線を組み替えられてきました。あなたの父親がしていたのと同じやり方で映像の情報を理解してはいないでしょう。テクノロジーは我々を組み替えてしまうのです」

--次の世代が受け継ぐものについての映画でもありますよね?

 「私は歴史のスイートスポットに生きています。戦後世代でベビーブーマー。貧困や飢餓が最も少なく、教育が最も盛んで、最も娯楽的な時間です。歴史上、最も楽観的な時代だといえるでしょう。そしてこの驚くべき環境で私たちは何をしているでしょうか? 子孫のために、それを台無しにしただけです。我々は最高の世代の産物であるがゆえ、最も欲深い世代でもあるのです」

 「60年代、私は自分たちが物事を進化させられると思っていました。明らかに、もうそう思ってはいません。私はずっと考え続け、両親の世代が死に絶えた時、我々は彼らの代わりになるのだと思っていましたが、実際にはそうではなく、ただ両親たちと同じ存在になってしまったのです!」

--イーサン・ホークをキャスティングしたのはなぜですか? 彼は役者として彼が値するほどの評価を得られていないように思います。

 「彼自身もそう思っています! 自分で言っていました。彼はルネサンス的な男です。ミュージシャンであり劇作家で映画監督で小説家でもある。なんでもやるんです。私は彼の後退的なモードが好きなんです。そういう役者が好みなのです」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング