ガス・バン・サント、怪優ホアキン・フェニックスへの演出は「コントロールをしないこと」

映画.com / 2019年5月2日 10時0分

写真

ガス・バン・サント監督

 [映画.com ニュース]ガス・バン・サント監督が、ホアキン・フェニックス主演で風刺漫画家ジョン・キャラハン氏の半生を描く3年ぶりの新作「ドント・ウォーリー」が5月3日公開する。2014年に死去したロビン・ウィリアムズが、自身の主演で映画化の構想をあたためていた企画から約20年の時を経て完成させた。来日したサント監督が、アルコール依存症で事故により四肢麻痺となっても、ユーモアを湛えた魅力ある主人公を演じきったフェニックスへの演出法、また「誘う女」(95)以来のタッグについて語った。

--主人公のジョンは人間らしい魅力を持つキャラクターです。実在の人物を映画化することについてお聞かせください。

 「実際のジョンの写真もありましたし、70年代のスタイルは『ドラッグストア・カウボーイ』と同じ時代なので、似ていると思います。映画の最後にジョンの本物が出てきます、あの写真を見ると、ああ、セーターが違ってたねだとか、そういったことは目に入ってくるけれど、そういうことはどこかで解放してあげなくちゃいけない。現実に似せることに心配しすぎると、自分のやっていることの邪魔をすることもありますから」

 「実は、フレディ・マーキュリーの映画をつくる話もあったんです。けれども、そういった映画はなるべく避けるようにしていたんです。それは、一般の人は本当のフレディのビジュアルをよく知っているから。伝記的にも人にすぐわかるようなものに、僕はナーバスになってしまう。観客にあまりにもよく知られている人物は、どういう風に見えるべきか、どういう風に振舞うべきかなど、演技も含めてね。『ボヘミアン・ラプソディ』はラミ・マレックがいて本当によかったと思います。とても似ていますしね。僕は『ミルク』のように、一般にあまり知られていないようなキャラクターを好むのです。自分のバージョンを作る余地を与えてくれる人物を選びます」

--主演のホアキン・フェニックスは「誘う女」以来、久々の起用ですね。

 「初めて一緒に仕事をした『誘う女』は、あの役を彼が望んだのです。それは、リバー(・フェニックス)が亡くなってからすぐ1カ月後。オーディションをニューヨークでやって、彼は飛行機で来て参加し、一生懸命でした。兄が死んで大変な時期だったにもかかわらず、どれだけ彼がやりたがっていたのかがわかり、素晴らしい経験でした。それまでも、それ以降も、ホアキン自らオーディションに来る様子は見たことはありません」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング