西島秀俊×西田敏行「任侠学園」映像初披露! 主題歌は東京スカパラダイスオーケストラ

映画.com / 2019年5月22日 4時0分

写真

東京スカパラダイスオーケストラ

 [映画.com ニュース] 西島秀俊と西田敏行がダブル主演する映画「任侠学園」の公開日が9月27日に決定し、ポスタービジュアルと特報映像がお披露目された。あわせて、東京スカパラダイスオーケストラの書き下ろし楽曲「ツギハギカラフル」が主題歌として使用されることがわかった。

 今野敏氏の人気小説「任侠」シリーズを、木村ひさし監督のメガホンで映画化。昔気質のヤクザ者が義理と人情を武器に、倒産寸前の出版社や病院などの経営再建を試みる姿に迫る世直しエンタテインメントだ。映画で描くのは、特に根強い支持を集める「任侠学園」。経営がうまくいかない仁徳京和学園高校を再建するべく、新たに理事が就任する。現れたのは、阿岐本組組長・阿岐本雄蔵(西田)と、「親分の言うことは絶対」という日村誠司(西島)。見た目は怖いうえに荒々しいが、“義理人情”を貫く2人の情熱を受け、学園の空気は次第に変化していく。

 特報映像では、義理人情に厚い“社会貢献型ヤクザ”の阿岐本組が、世のため人のため、ヤクザの常識を覆す様子を活写。カタギには手を出さず、世間のルールは絶対に遵守する阿岐本組の面々は、いかつい風貌ながらも、どこか不器用で親近感が湧く者ばかり。「わたくしどもがヤクザだってこと、いつ頃分かりました?」と野太い声で迫る阿岐本に対して、学園の校長・綾小路(生瀬勝久)が「会ってすぐ」と即答するひと幕など、小気味よいテンポでコミカルなシーンが繰り広げられる。

 コメディ映画への主題歌提供は、初の試みとなった東京スカパラダイスオーケストラ。メンバーの谷中敦(バリトンサックス)、川上つよし(ベース)、NARGO(トランペット)は、本作の撮影現場を訪問し、「ツギハギハラフル」のインスピレーションを得たようだ。谷中は「社会的に正しいか不適切か、よりも、行動に真心や愛情があるかどうかで物事を判断したい、と常々思ってる自分に、この映画はとっても刺さりました」と本作の感想を述べる。そして「主題歌『ツギハギカラフル』の歌詞は、価値観の多様化で益々予測できない未来を意識的に楽しもうじゃないか、という気持ちで書かせて貰いました」と説明している。

 木村監督は「主題歌が東京スカパラダイスオーケストラさんだと聞いた時に先ずワクワク」と述懐。「そして出来上がった『ツギハギカラフル』を聞いた時、映画の作品観を見事に表現していると思いワクワク。更には『何だかスタッフ、キャストの事を歌っているみたいだ』と感じてワクワク。そして秋になり皆さんが劇場で『ツギハギカラフル』を耳にした時に、きっとワクワクした楽しい気分になっているだろうなと想像して、僕のワクワクは止まらないのです」とコメントを寄せている。

 「任侠学園」は、9月27日から全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング