「キングダム」で10キロ減量の山崎賢人と17キロ増量の大沢たかお、互いをねぎらう

映画.com / 2019年5月25日 20時30分

写真

興行収入は47億円を突破

 [映画.com ニュース] 原泰久氏の人気コミックを実写映画化した「キングダム」の大ヒット御礼舞台挨拶が5月25日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、主演の山崎賢人、吉沢亮、大沢たかお、佐藤信介監督が登壇した。本作は24日までの公開36日間で観客動員350万人、興行収入47億円を突破。山崎は「本当に夢のよう。頑張って撮影してよかった」と喜びをかみしめた。

 大将軍になるという大志を抱いた奴隷の少年・信(山崎)と、中華統一を目指す若き王・えい政(後の秦の始皇帝:吉沢)の冒険譚をダイナミックに描く本作。「図書館戦争」シリーズの佐藤信介監督がメガホンをとった。

 役づくりで肉体改造をした山崎と大沢は、互いをねぎらい合った。将軍・王騎役でパンプアップした大沢が、信役で減量した山崎について「10キロ痩せた。びっくりするくらい細くなっていて感動していました。僕はなんとなく大きくするだけだったので」と称える。すると山崎は恐縮して首を振り、大沢に対して「17キロ(増)ですよ! もうびっくりです」とその増量ぶりに最敬礼だった。

 また、NGシーンを聞かれた山崎は、橋本環奈演じるテンこと河了貂(かりょうてん)とのシーンをピックアップした。「テンだったのに、“カンナ”ちゃんだから、“カン”って言っちゃった。すごい大事なシーンだったけど」と苦笑いし、場内は大爆笑。既に興収50億円も視野に入る大ヒットを祝し、山崎と吉沢がくす玉を割ると、会場は拍手喝さい。佐藤監督は「なんとか50億を突破するようにと祈り続けてましたが、願えば叶うんだなと。本当に驚いてます」と笑顔を見せた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング