芦田愛菜、「海獣の子供」で等身大の14歳を表現 自分の声を探りながら琉花をつくりあげていく

映画.com / 2019年6月6日 21時0分

写真

 [映画.com ニュース] 「鉄コン筋クリート」のSTUDIO4℃が、五十嵐大介氏の漫画を劇場アニメ化した「海獣の子供」が6月7日から公開される。夏休みに部活で居場所をなくした14歳の少女・安海琉花が、ジュゴンに育てられたという不思議な少年・海(CV:石橋陽彩)と出会い、生命の秘密に触れていく海洋冒険物語。芦田愛菜は同い年の琉花を演じるにあたり、どんなことを考えたのだろうか。

――原作を読んで、どのように思われましたか。

 芦田:絵がとてもきれいで繊細で、雰囲気が好きだなあと思いました。白黒で描かれた世界なのに、海の中のシーンなどは読んでいて自分も海中にいるような気持ちになる不思議な感覚で。水の描き方がとてもダイナミックで、躍動感のある描写が印象に残りました。

――ご自身と同じ年齢の琉花を演じるにあたって、どんなことを考えられましたか。

 芦田:そうですね……。(少し考えて)やっぱり、琉花も私も同じ14歳なので、彼女が分からないと思ったことや、どうすればいいのかと迷ったり悩んだりした場面に直面したときには私も同じように感じたことが多かったです。琉花の心情やシーンの意味についていろいろ悩みましたが、同い年だからこそ感じられる部分があるのかなと。彼女に寄り添いながら、リアルな等身大の14歳として演じさせていただきました。

――アフレコは、どのように進めていったのでしょうか。

 芦田:収録は2日間で、最初から順番に録っていきました。アフレコ時の映像は完成形に近いものを見ることができたので、イメージしやすかったです。収録のブース内には渡辺(歩)監督が一緒にいてくださり、マンツーマンで作品に関する話ができて、すごくやりやすかったです。渡辺監督が私に琉花をやってもらいたかったと言ってくださっていたことも聞けてうれしかったです。

――渡辺監督と、他にどんな話をされたのでしょう。

 芦田:各シーンの琉花の気持ちや、監督の作品に対する思いなどもうかがうことができました。「このセリフは、もっとこうしたほうがいいですか」と質問すると、「たしかにそのほうがいいですね」とか「いや、ここはこれでいいんですよ」と監督は的確に教えてくださって、とても演じやすかったです。そうしたコミュニケーションのなかで、琉花というキャラクターが自分のなかでかたちになっていったように思います。

――原作者の五十嵐大介さんも、アフレコ現場にいらしたそうですね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング