【中国映画コラム】日本映画のチャンスは「STAND BY ME ドラえもん」で広がり「万引き家族」のヒットに結実!

映画.com / 2019年6月9日 12時0分

写真

社会に影響を与えた「ニセ薬じゃない!」

 [映画.com ニュース] 北米と肩を並べるほどの産業規模となった中国映画市場。注目作が公開されるたび、驚天動地の興行収入をたたき出していますが、皆さんはその実態をしっかりと把握しているでしょうか? 中国最大のSNS「微博(ウェイボー)」のフォロワー数235万人を有する映画ジャーナリスト・徐昊辰(じょ・こうしん)さんに、同市場の“リアル”を聞いていきます!

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 まず初めに言っておきたいのは、現在に至るまでの“10年間”が過渡期にあたるということです。10年前、中国の年間興行収入は日本以下でしたし、その頃はまだ“裕福ではない時代”。人々は映画を見る余裕がなかったんです。上海、北京、広州といった大都市では映画を見るという習慣はありましたが、地方出身の人たちはほとんど鑑賞をしていませんでした。ターニングポイントとなったのは、2010年の「アバター」(最終興収13.4億元:214.4億円)、12年の「タイタニック(3D版)」(9.46億元:151.3億円)。ようやく“中国人が映画を見始めた”という印象を抱きました。

 今は誰もが映画を見に行ける時代。良い時代になったなぁと感じているんですが、その一方でスクリーン数の増加も気になっています。現在のスクリーン数は、約6万。これは世界中のスクリーン数の30%を占める数字です。あまりにも増えすぎているので、空席が目立ってきている。映画産業への感心が高まっているので投資が集まるんですが、そんなにいらないですよね(笑)。

 中国映画における“事件”をいくつかご紹介しましょう。まずはチャン・イーモウ監督作「HERO(2002)」の誕生。この作品はハリウッド大作に対抗できるものを、中国でも作れるんだということを示しました。続いて、12年に製作されたコメディ映画「ロスト・イン・タイランド」。封切り当初はそんなに話題になっていなかったんですが、“口コミ”のおかげで「アバター」に迫る勢いでヒットしたんです(12.7億元:203.2億円)。国産映画でもこれほどのヒットを望めるのかと――メガホンをとったシュー・ジェンは、俳優から監督、そしてプロデューサーへと活躍の場を広げていった方なんですが、この“10年間”を体現している人なので、まずは名前を覚えておいてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング