役所広司がエベレストに挑む! 「レッドクリフ」プロデューサーとのタッグ作、11月公開

映画.com / 2019年6月11日 7時0分

写真

激しいアクションに挑戦した役所広司 (C)Mirage Ltd.

 [映画.com ニュース] 日本を代表する名優・役所広司と、「M:I-2」や「レッドクリフ」シリーズで知られるプロデューサー、テレンス・チャンがタッグを組んだ日中合作映画「ウィングス・オーバー・エベレスト(原題)」が、「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」の邦題で11月から公開されることがわかった。舞台は標高8848メートル、氷点下50℃という過酷な状況に置かれる世界最高峰・エベレスト。役所はヒマラヤ救助隊を率いる隊長役で、激しいアクションに挑戦している。

 物語の始まりは、ヒマラヤ周辺国家が平和のために開催した地域会議。会議では「ヒマラヤ公約」が締結されることになっていたが、開催直前に機密文書を乗せた飛行機がエベレスト南部に墜落してしまう。インド軍が緊急で派遣した特別捜査官だと自称する2人の男は、ヒマラヤ救助隊「Wings」に機密文書を探索する際のサポートを依頼。“ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長の姜(役所)は依頼内容に懸念を覚えるが、隊の深刻な財政難を解決するため、迷いながらもエベレストガイドの任務を引き受ける。過酷な雪山の頂・デスゾーンに挑むミッションの背後で、世界規模の陰謀が動き始めていた。

 巨匠ジョン・ウー監督のハリウッドデビューを支え、世界的なヒット作を数多く手掛けてきたチャンは「役所広司さんの大ファンで、彼のことを世界で一番優秀な俳優だと思っていたので、いつか一緒に仕事がしたいと思っていました。ファンタスティックだった!」と主演を務める役所を絶賛。そのほか、かつてエベレストで遭難した恋人の遺体を探すために入隊したシャオタイズー役のチャン・チンチュー(「唐山大地震」「グレート・アドベンチャー」)、ヘリパイロット・ハン役のリン・ボーホン(ドラマ「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」)が共演し、国際色豊かなキャスト陣が顔をそろえた。

 さらに、役所は6月15日に開幕する第22回上海国際映画祭に参加することが決定。チャン、チンチュー、メガホンをとったユー・フェイ監督とともに、カーペットイベントと会見に臨む。

 「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」は、11月から全国で公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング