ガリットチュウ福島、顔が真っ青!「X-MEN」イベントで大暴れ

映画.com / 2019年6月17日 20時34分

写真

真っ青な顔で登壇!

 [映画.com ニュース] 「X-MEN」シリーズ最新作「X-MEN:ダーク・フェニックス」の公開記念イベントが6月17日、都内で行われ、お笑いコンビ「ガリットチュウ」の福島善成と熊谷茶、本作の公式コスプレイヤーであるえなこが出席した。

 全世界累計興行収入28億ドルを突破した大人気シリーズの最終章。人類初のミュータント・アポカリプスとの壮絶な戦いを描いた前作「X-MEN:アポカリプス」から10年後を舞台に、X-MENが内なる悪の人格“ダーク・フェニックス”を覚醒させてしまった仲間のジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)と対峙する。

 この日は福島が戦闘能力抜群の青い獣ビースト(ニコラス・ホルト)、熊谷が圧倒的テレパシー能力を持つプロフェッサーX(ジェームズ・マカボイ)、えなこが主人公である最強のX-MEN、ダーク・フェニックスのコミック版のコスプレで登場。公開を控える「X-MEN:ダーク・フェニックス」のPRイベントだったが、3人とも本作について何か語ることはまったくなく、真っ青な顔をした福島が持ち前の怪力でフライパンを曲げたり、ガリットチュウと壇上に集められたコスプレイヤーたちが吹き飛ばされる真似をし、ダーク・フェニックスが力を発揮する劇中シーンを再現したりしていた。

 「X-MEN:ダーク・フェニックス」は、6月21日から全国で公開。「X-MEN」シリーズや「デッドプール」「LOGAN ローガン」などで製作や脚本を務めてきたサイモン・キンバーグがメガホンをとり、長編映画監督デビューを果たした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング