世界最古の映画会社ゴーモンの名作特集上映 「ファントマ」など26作品

映画.com / 2019年6月18日 10時0分

写真

1913~80年代までの多彩な26作品を紹介

 [映画.com ニュース] 1885年に創業し、世界最古の映画製作会社として知られる仏・Gaumont(ゴーモン)社の作品を紹介する特集上映「ゴーモン 珠玉のフランス映画史」が、7月27日からYEBISU GARDEN CINEMAで開催される。

 120年以上に渡る歴史を誇るゴーモン。 1911年には、6000もの観客席を擁した映画館「ゴーモン・パラス」をパリにオープンさせ、映画館の経営にも乗り出した。今回は、日本での上映機会の少なかった作品を中心に、1913~80年代まで時代もジャンルも異なる多彩な26作品を紹介する。

 「ゴーモン 珠玉のフランス映画史」は7月27日から8月23日まで、YEBISU GARDEN CINEMAで開催。スケジュールは公式サイト(http://gaumont-movie-2019.com/)で告知する。

▼上映予定作品

「ファントマ」
第1話ファントマ/ベルタム事件
第2話ファントマ対ジューヴ警部
第3話ファントマの逆襲
第4話ファントマ対ファントマ
第5話ファントマの偽判事
「混血児ダイナ」
「白い足」
「ある女の愛」
「夢を見ましょう」
「とらんぷ譚」
「ヨシワラ」
「明日はない」
「快楽」
「たそがれの女心」
「抵抗 死刑囚の手記より」
「幸福の設計」
「七月のランデヴー」
「怪盗ルパン」
「顔のない眼」
「殺人者にスポットライト」
「裁かるゝジャンヌ」
「悪魔の手」
「この手紙を読むときは」
「パリ横断」
「不滅の物語」
「はなればなれに」
「右側に気をつけろ」
「私たちは一緒に年をとることはない」
「ルル」
「鱒」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング